2004.01.15

WHO、トリインフルエンザ感染動物処理時の防御ガイドライン発表

 世界保健機関(WHO)と同西太平洋事務局(WPRO)は1月14日、高病原性トリインフルエンザに感染した動物を殺処理する人員の感染防御に関する暫定ガイドラインを発表した。標準的感染防御(standard precaution)と抗ウイルス処置を中心に8項目を提唱している。概要は次の通り。

1.処分と輸送に当たる人員は、上下つなぎの作業服と不浸透性のエプロン、ディスポーザブル手袋、マスク、ゴーグル、消毒可能な長靴か靴カバーなどを着用する。
2.頻繁な手洗いと作業後の手の消毒が必要。
3.殺処分を行う場所の清掃者も同レベルの防御が必要。
4. WHOが推奨するインフルエンザワクチンの接種が必要。
5.作業者やその家族などに対しては健康状態を監視し、高齢者などの高リスク者は作業を避ける。
6.感染の可能性がある物質を吸引するリスクがある作業者には抗ウイルス薬を予防投与する。
7.作業者などに対する血清学的サーベイランスを行う。
8.動物と死後の検体をウイルス分離のために収集する。

 WHOが最も警戒するのは、作業者がヒトインフルエンザと高病原性トリインフルエンザに同時感染して人体内で遺伝子の交雑が起こり、高病原性トリインフルエンザがヒト−ヒト感染の能力を獲得すること。ガイドラインはこうした状況が発生するリスクの低減を主な目的としている。

 WHO/WPROのプレスリリースはこちらを参照。国立感染症研究所の感染症情報センターがホームページに掲載している翻訳文はこちら。(中沢真也)

■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正