2004.01.14

【インフルエンザ速報】 警報は北海道と山形県で変わらず、注意報地域は愛知県など新たに4県に広がる

 国立感染症研究所の感染症情報センターが1月14日に発表したインフルエンザ予報(流行レベルマップ)によると、2003年第52週(12月22日〜12月28日)には、警報地域は前週と変わらず2地域だが、注意報地域は前週の5地域から17地域に拡大した。全国の定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)は1.78になった。

 個別に見ると、前週に引き続き、山形県内の最上保健所管轄地域と北海道内の釧路保健所管轄地域の計2地域が警報レベルだったほか、新たに茨城県、栃木県、神奈川県、愛知県内で注意報レベルに達する地域が出て、インフルエンザの流行が東日本を中心に拡大した。

 新たに注意報レベルに達した4都道府県で注意報が出ているのは、茨城県西部の古川市にある古川保健所管轄地域、栃木県鹿沼市の県西保健所管轄地域と同県真岡市の県東保健所管轄地域、神奈川県北東部の川崎市多摩区にある多摩保健所管轄地域、それに愛知県中南部の半田市にある半田保健所管轄地域。

 また、北海道、山形県、福島県、群馬県で注意報レベルに達した地域が増加した。

 2003年52週に注意報・警報レベルに達しているのは、北海道、東北、関東と愛知県だけで、近畿、四国、中国、九州、沖縄では基準値を下回っている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95