2004.01.14

【インフルエンザ速報】 警報は北海道と山形県で変わらず、注意報地域は愛知県など新たに4県に広がる

 国立感染症研究所の感染症情報センターが1月14日に発表したインフルエンザ予報(流行レベルマップ)によると、2003年第52週(12月22日〜12月28日)には、警報地域は前週と変わらず2地域だが、注意報地域は前週の5地域から17地域に拡大した。全国の定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)は1.78になった。

 個別に見ると、前週に引き続き、山形県内の最上保健所管轄地域と北海道内の釧路保健所管轄地域の計2地域が警報レベルだったほか、新たに茨城県、栃木県、神奈川県、愛知県内で注意報レベルに達する地域が出て、インフルエンザの流行が東日本を中心に拡大した。

 新たに注意報レベルに達した4都道府県で注意報が出ているのは、茨城県西部の古川市にある古川保健所管轄地域、栃木県鹿沼市の県西保健所管轄地域と同県真岡市の県東保健所管轄地域、神奈川県北東部の川崎市多摩区にある多摩保健所管轄地域、それに愛知県中南部の半田市にある半田保健所管轄地域。

 また、北海道、山形県、福島県、群馬県で注意報レベルに達した地域が増加した。

 2003年52週に注意報・警報レベルに達しているのは、北海道、東北、関東と愛知県だけで、近畿、四国、中国、九州、沖縄では基準値を下回っている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385