2004.01.14

ベトナムで重症呼吸器疾患の3人からトリインフルエンザウイルスを検出

 世界保健機関(WHO)は1月13日、ハノイ市内の病院に重い呼吸器疾患で入院していた子ども二人、成人一人の検体から、A型のトリインフルエンザウイルス(H5N1)が検出されたと発表した。

 WHOによると、2003年10月以来、ハノイ市内や周辺地域の病院に重い呼吸器疾患で小児13人と成人一人(小児の母親)の計14人が入院、現在までに成人一人と小児10人が死亡している。ただし、全員が同じ病原体によるものかどうかは不明であり、現時点ではヒト−ヒト感染は確認されていない。

 また、医療関係者が感染したという報告も入っていないという。しかし、もし全員の死亡がH5N1によるものなら、1997年に香港で発生、18人が罹患して6人が死亡したH5N1のヒト感染を既に上回っていることになる。

 ベトナムでは先週、南部の2地域で流行中の高病原性トリインフルエンザの原因病原体として、H5N1が確認されている。このウイルスによる鶏の死亡率はほぼ100%で、4万羽が死亡、さらに3万羽が処分されている。ベトナム国内でのH5N1による人間と家禽の集団感染に関連性があるかどうかは今のところ不明で、WHOとベトナム衛生省、農業・地域省は共同で調査を進めている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正