2004.01.14

ベトナムで重症呼吸器疾患の3人からトリインフルエンザウイルスを検出

 世界保健機関(WHO)は1月13日、ハノイ市内の病院に重い呼吸器疾患で入院していた子ども二人、成人一人の検体から、A型のトリインフルエンザウイルス(H5N1)が検出されたと発表した。

 WHOによると、2003年10月以来、ハノイ市内や周辺地域の病院に重い呼吸器疾患で小児13人と成人一人(小児の母親)の計14人が入院、現在までに成人一人と小児10人が死亡している。ただし、全員が同じ病原体によるものかどうかは不明であり、現時点ではヒト−ヒト感染は確認されていない。

 また、医療関係者が感染したという報告も入っていないという。しかし、もし全員の死亡がH5N1によるものなら、1997年に香港で発生、18人が罹患して6人が死亡したH5N1のヒト感染を既に上回っていることになる。

 ベトナムでは先週、南部の2地域で流行中の高病原性トリインフルエンザの原因病原体として、H5N1が確認されている。このウイルスによる鶏の死亡率はほぼ100%で、4万羽が死亡、さらに3万羽が処分されている。ベトナム国内でのH5N1による人間と家禽の集団感染に関連性があるかどうかは今のところ不明で、WHOとベトナム衛生省、農業・地域省は共同で調査を進めている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正