2004.01.13

山口県の養鶏場で高病原性トリインフルエンザ発生、国内では79年ぶり

 農林水産省は1月12日、山口県の養鶏場(採卵鶏農場)でトリインフルエンザの発生があったと発表した。国内では1925年以来、79年ぶりの発生となる。

 発生したのは、山口市の北東約30km、広島県との県境に近い山口県阿武郡阿東町の養鶏場「ウインウインファーム山口農場」で、3万4640羽の鶏が飼育されている。

 1月11日に山口県から農林水産省にトリインフルエンザの発生が疑われるという連絡が入り、死亡した鶏を農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で調べたところ、A型インフルエンザウイルス(H5)が検出され、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された。

 現在、同農場では、鶏卵の出荷自粛、鶏舎の消毒、部外者の立ち入り制限などを実施している。鶏卵や鶏肉を食べることによる人間への感染は世界的に見ても報告されていないが、農林水産省では、同養鶏場から出荷された鶏卵の自主回収を指導、現在、回収が進められている。飼育されている鶏全羽の殺処分も近く実施されることになる。この農場を中心とした半径30km以内の地域では、生きた鶏の移動や鶏肉、鶏卵の出荷が禁止されるなどの「移動制限」が実施されている。

 こうした措置は、農林水産省が2003年9月17日付けの課長通知として公表した「高病原性鳥インフルエンザ防疫マニュアル」に基づくもの。トリインフルエンザは家禽ペストとも呼ばれ、感染力が強い。いったん家禽などが高病原性ウイルスに罹患すれば、ほぼ100%が死亡するとされる。香港では1997年にH5インフルエンザが生きた鶏との接触によって人間に感染した事例が報告されている。このため、養鶏従事者の健康状態の確認も進められている。

 感染源についてはまだ特定されていないが、現在、流行が起きている韓国やベトナムとの関連性も指摘されている。今回、トリインフルエンザが発生した山口県阿武郡は、韓国南東部との直線距離が300km弱しかなく、渡り鳥を介しての感染も否定できないようだ。

 農林水産省のプレスリリースはこちら、高病原性鳥インフルエンザ防疫マニュアルの全文はこちら(pdfファイル)まで。(中沢真也)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7