2004.01.09

米国で今シーズン、インフルエンザによる18歳未満の死亡が93人に

 米国疾病対策センター(CDC)によると、2003年10月から2004年1月6日にかけて、インフルエンザが関連する18歳未満の死亡は、93人に上ることがわかった。なおCDCによると、インフルエンザによる死亡は通常は全国的に報告が義務付けられていないため、死亡数に関しては例年と比較が難しいという。

 この報告は、CDCが毎週発行するMorbidity and Mortality Weekly Reportの1月9日号で公表したもの。これによると、死亡した小児の年齢は4週間から17歳で、その中央値は4歳、55人(59%)が5歳未満だった。1人を除いて性別が明らかになっており、41人(45%)が男児だった。また、35人が心臓病や喘息などの慢性疾患を持っていた。

 また、25人が肺炎を併発し、15人にはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や肺炎レンサ球菌、化膿レンサ球菌などといった細菌感染が認められた。

 さらに、インフルエンザ予防接種の有無については、45人について報告があり、そのうち適切な接種が確認できたのは一人だけだった。33人は接種を受けておらず、6人は2回接種のうち1回だけしか受けていないなどの不完全接種で、残りの5人は接種の記録はあるものの、接種が完了してからインフルエンザを発症するまでの期間が不明であった。

 CDCは今回のインフルエンザシーズンに関して、18歳未満のインフルエンザが関連する死亡について、報告を要請している。同報告書の全文は、こちらまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1