2004.01.09

米国で今シーズン、インフルエンザによる18歳未満の死亡が93人に

 米国疾病対策センター(CDC)によると、2003年10月から2004年1月6日にかけて、インフルエンザが関連する18歳未満の死亡は、93人に上ることがわかった。なおCDCによると、インフルエンザによる死亡は通常は全国的に報告が義務付けられていないため、死亡数に関しては例年と比較が難しいという。

 この報告は、CDCが毎週発行するMorbidity and Mortality Weekly Reportの1月9日号で公表したもの。これによると、死亡した小児の年齢は4週間から17歳で、その中央値は4歳、55人(59%)が5歳未満だった。1人を除いて性別が明らかになっており、41人(45%)が男児だった。また、35人が心臓病や喘息などの慢性疾患を持っていた。

 また、25人が肺炎を併発し、15人にはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や肺炎レンサ球菌、化膿レンサ球菌などといった細菌感染が認められた。

 さらに、インフルエンザ予防接種の有無については、45人について報告があり、そのうち適切な接種が確認できたのは一人だけだった。33人は接種を受けておらず、6人は2回接種のうち1回だけしか受けていないなどの不完全接種で、残りの5人は接種の記録はあるものの、接種が完了してからインフルエンザを発症するまでの期間が不明であった。

 CDCは今回のインフルエンザシーズンに関して、18歳未満のインフルエンザが関連する死亡について、報告を要請している。同報告書の全文は、こちらまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2