2004.01.09

米国で今シーズン、インフルエンザによる18歳未満の死亡が93人に

 米国疾病対策センター(CDC)によると、2003年10月から2004年1月6日にかけて、インフルエンザが関連する18歳未満の死亡は、93人に上ることがわかった。なおCDCによると、インフルエンザによる死亡は通常は全国的に報告が義務付けられていないため、死亡数に関しては例年と比較が難しいという。

 この報告は、CDCが毎週発行するMorbidity and Mortality Weekly Reportの1月9日号で公表したもの。これによると、死亡した小児の年齢は4週間から17歳で、その中央値は4歳、55人(59%)が5歳未満だった。1人を除いて性別が明らかになっており、41人(45%)が男児だった。また、35人が心臓病や喘息などの慢性疾患を持っていた。

 また、25人が肺炎を併発し、15人にはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や肺炎レンサ球菌、化膿レンサ球菌などといった細菌感染が認められた。

 さらに、インフルエンザ予防接種の有無については、45人について報告があり、そのうち適切な接種が確認できたのは一人だけだった。33人は接種を受けておらず、6人は2回接種のうち1回だけしか受けていないなどの不完全接種で、残りの5人は接種の記録はあるものの、接種が完了してからインフルエンザを発症するまでの期間が不明であった。

 CDCは今回のインフルエンザシーズンに関して、18歳未満のインフルエンザが関連する死亡について、報告を要請している。同報告書の全文は、こちらまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1