2004.01.09

米国で今シーズン、インフルエンザによる18歳未満の死亡が93人に

 米国疾病対策センター(CDC)によると、2003年10月から2004年1月6日にかけて、インフルエンザが関連する18歳未満の死亡は、93人に上ることがわかった。なおCDCによると、インフルエンザによる死亡は通常は全国的に報告が義務付けられていないため、死亡数に関しては例年と比較が難しいという。

 この報告は、CDCが毎週発行するMorbidity and Mortality Weekly Reportの1月9日号で公表したもの。これによると、死亡した小児の年齢は4週間から17歳で、その中央値は4歳、55人(59%)が5歳未満だった。1人を除いて性別が明らかになっており、41人(45%)が男児だった。また、35人が心臓病や喘息などの慢性疾患を持っていた。

 また、25人が肺炎を併発し、15人にはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や肺炎レンサ球菌、化膿レンサ球菌などといった細菌感染が認められた。

 さらに、インフルエンザ予防接種の有無については、45人について報告があり、そのうち適切な接種が確認できたのは一人だけだった。33人は接種を受けておらず、6人は2回接種のうち1回だけしか受けていないなどの不完全接種で、残りの5人は接種の記録はあるものの、接種が完了してからインフルエンザを発症するまでの期間が不明であった。

 CDCは今回のインフルエンザシーズンに関して、18歳未満のインフルエンザが関連する死亡について、報告を要請している。同報告書の全文は、こちらまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0