2004.01.09

武田薬品、糖尿病薬の合剤開発で米Andrx社と契約締結

 武田薬品工業は1月8日、同社のインスリン抵抗性改善薬Actos(一般名:ピオグリタゾン)と米Andrx社の徐放性血糖降下薬Fortamet(一般名:メトフォルミン)の合剤開発に関するライセンス契約を米Andrx社との間で締結したと発表した。

 Actos(日本国内の製品名はアクトス)は原則として1日1回投与のインスリン抵抗性改善薬で、日米欧でメトフォルミンとの併用療法が認可されているが、通常、メトフォルミン製剤は1日2〜3回投与であるため、服用が煩わしい面があった。

 武田薬品は、米Andrx社が現在、欧米で申請中のメトフォルミン徐放製剤とActosとの合剤の開発を進めることができ、販売承認を取得した後、全世界での独占販売権を得る。合剤の製造はAndrx社が担当する。武田薬品は契約締結後、Andrx社に対して一時金として1000万ドルを支払うほか、販売承認取得までの開発の各段階でマイルストーン金を、販売開始後はロイヤルティを支払うことになる。

 武田薬品工業のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47