2004.01.08

アルプスの山の手作りチーズはαリノレン酸が豊富−−スイス研究

 アルプス高地で放牧した牛のミルクから、伝統的な製法で作った「アルプチーズ」に、他のチーズの2倍以上、n-3系(ω-3系)脂肪酸のα(アルファ)リノレン酸(ALA)が含まれていることがわかった。食事からALAをたくさん摂取する人には心臓病が少ないとのデータがあり、研究グループは「普段食べるチーズをアルプチーズにすることで、心臓病の予防に役立つ可能性がある」とみている。研究結果は、Circulation誌1月6/13日号に掲載された。

 n-3系の脂肪酸は、心臓病などの予防に役立つとして、注目が高まっている健康成分。亜麻の種子(亜麻仁)などの植物に含まれるALAのほか、寒流系の魚に多いドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)が代表格だ。

 アルプスの高地(海抜3700〜6200フィート、約1100〜1900メートル)に生える植物には、ALAが特に豊富に含まれており、そこで放牧された牛のミルクにもALAが多いことが知られている。また、最近は牛の飼料に亜麻の種子を添加して、ALAの含有量を高めた牛乳も生産されている。しかし、牛乳から作ったチーズに、ALAなどのn-3系脂肪酸がどのくらい含まれているかは分かっていなかった。

 そこで、スイスAargau州Baden州立病院のChrista B. Hauswirth氏らは、アルプス高地で手作りされているアルプチーズと、工場生産のスイスチーズ(エメンタールチーズ)、英国のチェダーチーズ、ALA強化牛乳で作ったチーズとで、ALAなどの含有量がどの程度違うかを調べた。

 その結果、アルプチーズには、英国のチェダーチーズの4倍のALAが含まれていることが判明。ALAの含有量は、同じスイスチーズのエメンタールと比べても2.5倍、ALA強化牛乳から作ったチーズの2倍に達した。

 Hauswirth氏らによると、普段チェダーチーズを食べている人が、代わりにアルプチーズを食べれば、心筋梗塞で死ぬリスクを15〜20%引き下げられる計算になるという。チーズフォンデュのおいしい季節、独特の香りを持つアルプスの山チーズが注目を集めそうだ。

 この論文のタイトルは、「High ω-3 Fatty Acid Content in Alpine Cheese」。アブストラクトは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14