2004.01.08

第5のスタチン系薬「リバロ」、日研化学が興和と共同販促開始

 日研化学は1月5日から、高コレステロール血症治療薬のピタバスタチンカルシウム(商品名:リバロ)について、興和新薬との共同販促を開始した。同薬は日産化学工業と興和が製造、昨年9月から三共と興和新薬が同一商品名で販売している(関連トピックス参照)。日研化学は、このうち興和新薬のプロモーションについて共同で実施する。

 わが国では高脂血症治療に用いるスタチン系薬として、1989年にプラバスタチンナトリウム(同:メバロチン)、1991年にシンバスタチン(同:リポバス)、1998年にフルバスタチンナトリウム(同:ローコール)、1999年にセリバスタチンナトリウム(同:バイコール、セルタ、2001年8月に販売中止)、2000年にアトルバスタチン(同:リピトール)が発売。2003年7月にはプラバスタチンナトリウムとシンバスタチンの後発品も発売された。

 ピタバスタチンカルシウムは、市場に先発品だけで4剤がある中への新規参入。両社は今回の共同販促により、興和新薬と日研化学の医薬情報担当者(MR)併せて1000人以上の営業パワーを結集、市場への一層の浸透を期待できるとしている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.9.18 三共と興和がストロングスタチン剤「リバロ」を発売

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124