2004.01.08

第5のスタチン系薬「リバロ」、日研化学が興和と共同販促開始

 日研化学は1月5日から、高コレステロール血症治療薬のピタバスタチンカルシウム(商品名:リバロ)について、興和新薬との共同販促を開始した。同薬は日産化学工業と興和が製造、昨年9月から三共と興和新薬が同一商品名で販売している(関連トピックス参照)。日研化学は、このうち興和新薬のプロモーションについて共同で実施する。

 わが国では高脂血症治療に用いるスタチン系薬として、1989年にプラバスタチンナトリウム(同:メバロチン)、1991年にシンバスタチン(同:リポバス)、1998年にフルバスタチンナトリウム(同:ローコール)、1999年にセリバスタチンナトリウム(同:バイコール、セルタ、2001年8月に販売中止)、2000年にアトルバスタチン(同:リピトール)が発売。2003年7月にはプラバスタチンナトリウムとシンバスタチンの後発品も発売された。

 ピタバスタチンカルシウムは、市場に先発品だけで4剤がある中への新規参入。両社は今回の共同販促により、興和新薬と日研化学の医薬情報担当者(MR)併せて1000人以上の営業パワーを結集、市場への一層の浸透を期待できるとしている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.9.18 三共と興和がストロングスタチン剤「リバロ」を発売

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127