2004.01.07

抗癌剤併用療法の検討会スタート、迅速な適応拡大目指す

 厚生労働省は1月6日、「抗癌剤併用療法に関する検討会」の第1回会合を開催した。検討会は医政局長と医薬食品局長が開催する形式で、座長は東海大学教授の黒川清氏。併用療法に必要な抗癌剤には、欧米などで標準的な治療法となっているにもかかわらず、癌種によって効能が承認されていないなど薬事法上の適応がなく、治療に利用できないものが少なくない。本検討会は、医療現場や患者から適応の拡大が期待されている既存薬剤の追加効能の承認を加速するのが主な目的。同省としては、有効性について十分なエビデンスがあるものから、1年に10〜15のペースで効能の取得を進めていくとしている。

 検討会では1月中旬をめどに非公開の作業部会を設置する(検討会自体は公開)。作業部会は併用療法についてのエビデンスを収集、効能や薬剤ごとに有効性を裏付ける報告書を作成して検討会に提出する。検討会が承認した併用療法と薬剤は、薬事・食品衛生審議会の医薬品第二部会で有効性・安全性の事前評価を行い、製薬メーカーに対して申請指導をして、追加効能の迅速な承認を目指す。有効性・安全性の事前評価の段階で特定療養費の保険上の取り扱いが可能になる。

 作業部会は設置後ただちに併用療法や薬剤に関するエビデンスの評価基準を策定する。以後、この基準に基づいて、エビデンスの収集と報告書作成を進める。作業部会のメンバーは検討会委員の推薦で決める。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正