2004.01.07

抗癌剤併用療法の検討会スタート、迅速な適応拡大目指す

 厚生労働省は1月6日、「抗癌剤併用療法に関する検討会」の第1回会合を開催した。検討会は医政局長と医薬食品局長が開催する形式で、座長は東海大学教授の黒川清氏。併用療法に必要な抗癌剤には、欧米などで標準的な治療法となっているにもかかわらず、癌種によって効能が承認されていないなど薬事法上の適応がなく、治療に利用できないものが少なくない。本検討会は、医療現場や患者から適応の拡大が期待されている既存薬剤の追加効能の承認を加速するのが主な目的。同省としては、有効性について十分なエビデンスがあるものから、1年に10〜15のペースで効能の取得を進めていくとしている。

 検討会では1月中旬をめどに非公開の作業部会を設置する(検討会自体は公開)。作業部会は併用療法についてのエビデンスを収集、効能や薬剤ごとに有効性を裏付ける報告書を作成して検討会に提出する。検討会が承認した併用療法と薬剤は、薬事・食品衛生審議会の医薬品第二部会で有効性・安全性の事前評価を行い、製薬メーカーに対して申請指導をして、追加効能の迅速な承認を目指す。有効性・安全性の事前評価の段階で特定療養費の保険上の取り扱いが可能になる。

 作業部会は設置後ただちに併用療法や薬剤に関するエビデンスの評価基準を策定する。以後、この基準に基づいて、エビデンスの収集と報告書作成を進める。作業部会のメンバーは検討会委員の推薦で決める。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2