2004.01.07

抗癌剤併用療法の検討会スタート、迅速な適応拡大目指す

 厚生労働省は1月6日、「抗癌剤併用療法に関する検討会」の第1回会合を開催した。検討会は医政局長と医薬食品局長が開催する形式で、座長は東海大学教授の黒川清氏。併用療法に必要な抗癌剤には、欧米などで標準的な治療法となっているにもかかわらず、癌種によって効能が承認されていないなど薬事法上の適応がなく、治療に利用できないものが少なくない。本検討会は、医療現場や患者から適応の拡大が期待されている既存薬剤の追加効能の承認を加速するのが主な目的。同省としては、有効性について十分なエビデンスがあるものから、1年に10〜15のペースで効能の取得を進めていくとしている。

 検討会では1月中旬をめどに非公開の作業部会を設置する(検討会自体は公開)。作業部会は併用療法についてのエビデンスを収集、効能や薬剤ごとに有効性を裏付ける報告書を作成して検討会に提出する。検討会が承認した併用療法と薬剤は、薬事・食品衛生審議会の医薬品第二部会で有効性・安全性の事前評価を行い、製薬メーカーに対して申請指導をして、追加効能の迅速な承認を目指す。有効性・安全性の事前評価の段階で特定療養費の保険上の取り扱いが可能になる。

 作業部会は設置後ただちに併用療法や薬剤に関するエビデンスの評価基準を策定する。以後、この基準に基づいて、エビデンスの収集と報告書作成を進める。作業部会のメンバーは検討会委員の推薦で決める。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:69
  2. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  3. 「神経内科」改め「脳神経内科」をよろしく! 日本神経学会代表理事の高橋良輔氏に聞く FBシェア数:370
  4. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  5. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:36
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:62
  7. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:0
  8. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:145
  9. 糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は? 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:34
  10. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正