2004.01.07

選択の幅広がる進行大腸癌の化学療法、S-1が適応取得

 進行大腸癌の治療に使える、経口抗癌薬の選択の幅が広がった。5-フルオロウラシル(5-FU)のプロドラッグ合剤である「ティーエスワン」(S-1、一般名:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)が、昨年12月19日に結腸・直腸癌に対する適応を取得したためだ。昨年9月から実施できるようになったホリナート・テガフール・ウラシル療法(UFT/LV療法)と並び、進行大腸癌の外来・在宅治療の中核となる薬物療法となる可能性が出てきた。

 5-FUは進行大腸癌に対して効果が認められている主要な静注薬剤の一つで、同薬の効果増強薬であるホリナート(LV)との併用療法(5-FU/LV療法)は、進行大腸癌に対する標準治療となっている。しかし、外来管理がより容易な経口薬に対するニーズは高く、様々な5-FU系経口薬が開発されてきた。

 昨年7月、「5-FU/LV療法と同等の効果と安全性」を示す初めての経口療法として、UFT/LV療法が承認。9月に経口薬のホリナート(商品名:ロイコボリン、ユーゼル)が発売され、テガフール・ウラシル(商品名:ユーエフティ)との併用療法が可能になった。今回のS-1はそれに続く第2弾で、経口5-FU系薬による、科学的な根拠に裏付けられた治療として広く普及するだろう。

 なお、海外では進行大腸癌治療に既に使用されており、臨床現場からの期待も高いもう一つの5-FU系経口薬、カペシタビン(商品名:ゼローダ)は、結腸・直腸癌に対しては第2相試験中。現在、厚生労働省が検討を進めている“海外実績に基づく適応拡大”も期待できるところで、イリノテカン(商品名:カンプト、トポテシン)などとの併用療法も含め、進行大腸癌の化学療法が大きく変わる段階に来たと言えそうだ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164