2004.01.07

選択の幅広がる進行大腸癌の化学療法、S-1が適応取得

 進行大腸癌の治療に使える、経口抗癌薬の選択の幅が広がった。5-フルオロウラシル(5-FU)のプロドラッグ合剤である「ティーエスワン」(S-1、一般名:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)が、昨年12月19日に結腸・直腸癌に対する適応を取得したためだ。昨年9月から実施できるようになったホリナート・テガフール・ウラシル療法(UFT/LV療法)と並び、進行大腸癌の外来・在宅治療の中核となる薬物療法となる可能性が出てきた。

 5-FUは進行大腸癌に対して効果が認められている主要な静注薬剤の一つで、同薬の効果増強薬であるホリナート(LV)との併用療法(5-FU/LV療法)は、進行大腸癌に対する標準治療となっている。しかし、外来管理がより容易な経口薬に対するニーズは高く、様々な5-FU系経口薬が開発されてきた。

 昨年7月、「5-FU/LV療法と同等の効果と安全性」を示す初めての経口療法として、UFT/LV療法が承認。9月に経口薬のホリナート(商品名:ロイコボリン、ユーゼル)が発売され、テガフール・ウラシル(商品名:ユーエフティ)との併用療法が可能になった。今回のS-1はそれに続く第2弾で、経口5-FU系薬による、科学的な根拠に裏付けられた治療として広く普及するだろう。

 なお、海外では進行大腸癌治療に既に使用されており、臨床現場からの期待も高いもう一つの5-FU系経口薬、カペシタビン(商品名:ゼローダ)は、結腸・直腸癌に対しては第2相試験中。現在、厚生労働省が検討を進めている“海外実績に基づく適応拡大”も期待できるところで、イリノテカン(商品名:カンプト、トポテシン)などとの併用療法も含め、進行大腸癌の化学療法が大きく変わる段階に来たと言えそうだ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正