2004.01.07

選択の幅広がる進行大腸癌の化学療法、S-1が適応取得

 進行大腸癌の治療に使える、経口抗癌薬の選択の幅が広がった。5-フルオロウラシル(5-FU)のプロドラッグ合剤である「ティーエスワン」(S-1、一般名:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)が、昨年12月19日に結腸・直腸癌に対する適応を取得したためだ。昨年9月から実施できるようになったホリナート・テガフール・ウラシル療法(UFT/LV療法)と並び、進行大腸癌の外来・在宅治療の中核となる薬物療法となる可能性が出てきた。

 5-FUは進行大腸癌に対して効果が認められている主要な静注薬剤の一つで、同薬の効果増強薬であるホリナート(LV)との併用療法(5-FU/LV療法)は、進行大腸癌に対する標準治療となっている。しかし、外来管理がより容易な経口薬に対するニーズは高く、様々な5-FU系経口薬が開発されてきた。

 昨年7月、「5-FU/LV療法と同等の効果と安全性」を示す初めての経口療法として、UFT/LV療法が承認。9月に経口薬のホリナート(商品名:ロイコボリン、ユーゼル)が発売され、テガフール・ウラシル(商品名:ユーエフティ)との併用療法が可能になった。今回のS-1はそれに続く第2弾で、経口5-FU系薬による、科学的な根拠に裏付けられた治療として広く普及するだろう。

 なお、海外では進行大腸癌治療に既に使用されており、臨床現場からの期待も高いもう一つの5-FU系経口薬、カペシタビン(商品名:ゼローダ)は、結腸・直腸癌に対しては第2相試験中。現在、厚生労働省が検討を進めている“海外実績に基づく適応拡大”も期待できるところで、イリノテカン(商品名:カンプト、トポテシン)などとの併用療法も含め、進行大腸癌の化学療法が大きく変わる段階に来たと言えそうだ。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97