2004.01.06

女性の尖圭コンジローマと淋菌感染症、過去10年の最高値上回る

 国立感染症研究所感染症情報センターが2003年12月26日に発表した2003年11月の感染症月報によると、性感染症では女性の尖圭コンジローマと淋菌感染症が過去10年の最高値を上回る高い水準にある。

 性感染症の全国定点921カ所からの報告によると、11月の月別定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)は、性器クラミジア感染症が3.50(男性1.50、女性2.00)、性器ヘルペスウイルス感染症が0.86(男性0.36、女性0.50)、尖圭コンジローマが0.55(男性0.28、女性0.26)、淋菌感染症が1.86(男性1.43、女性0.43)だった。

 男性では性器クラミジア感染症(42.0%)と淋菌感染症(40.1%)が多く、女性では性器クラミジア感染症が62.7%と最も多い。

 女性の尖圭コンジローマの月別定点当たり報告数は2003年4月以降、連続8カ月間、過去10年間の最高値を上回っている。女性の淋菌感染症の月別定点当たり報告数も過去10年間の最高値を上回った。ただし、4疾患とも前月に比べると減少、あるいは横ばいの傾向にある。

 年齢階級別に見ると、4疾患とも20〜29歳にピークがある。男女別・年齢階級別に見ると、女性ではどの疾患も20〜29歳にピークがあるが、男性では、尖圭コンジロームが30〜34歳、性器ヘルペスウイルス感染症は35〜39歳が多い。

 2003年11月の感染症月報はこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

■ お知らせ ■
 感染症法(正式には「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」)の改正(2003年11月5日施行)に伴い、従来、同法で「尖形コンジローム」とされていた疾患名が「尖圭コンジローマ」と変更されたため、MedWaveでも今後、疾患名を「尖圭コンジローマ」に変更・統一します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84