2004.01.06

女性の尖圭コンジローマと淋菌感染症、過去10年の最高値上回る

 国立感染症研究所感染症情報センターが2003年12月26日に発表した2003年11月の感染症月報によると、性感染症では女性の尖圭コンジローマと淋菌感染症が過去10年の最高値を上回る高い水準にある。

 性感染症の全国定点921カ所からの報告によると、11月の月別定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)は、性器クラミジア感染症が3.50(男性1.50、女性2.00)、性器ヘルペスウイルス感染症が0.86(男性0.36、女性0.50)、尖圭コンジローマが0.55(男性0.28、女性0.26)、淋菌感染症が1.86(男性1.43、女性0.43)だった。

 男性では性器クラミジア感染症(42.0%)と淋菌感染症(40.1%)が多く、女性では性器クラミジア感染症が62.7%と最も多い。

 女性の尖圭コンジローマの月別定点当たり報告数は2003年4月以降、連続8カ月間、過去10年間の最高値を上回っている。女性の淋菌感染症の月別定点当たり報告数も過去10年間の最高値を上回った。ただし、4疾患とも前月に比べると減少、あるいは横ばいの傾向にある。

 年齢階級別に見ると、4疾患とも20〜29歳にピークがある。男女別・年齢階級別に見ると、女性ではどの疾患も20〜29歳にピークがあるが、男性では、尖圭コンジロームが30〜34歳、性器ヘルペスウイルス感染症は35〜39歳が多い。

 2003年11月の感染症月報はこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

■ お知らせ ■
 感染症法(正式には「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」)の改正(2003年11月5日施行)に伴い、従来、同法で「尖形コンジローム」とされていた疾患名が「尖圭コンジローマ」と変更されたため、MedWaveでも今後、疾患名を「尖圭コンジローマ」に変更・統一します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051