2004.01.06

【インフルエンザ速報】 山形県に続き、北海道でも警報、いよいよ流行期に 

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2004年1月5日に発表したインフルエンザ予報(流行レベルマップ)によると、2003年第50週(12月8日〜12月14日)に山形県内で今冬初のインフルエンザ警報が出たのに続き、2003年第51週(12月15日〜21日)には山形県と北海道で警報、また北海道、福島県、埼玉県、群馬県で注意報が出された。

 これは全国約5000カ所のインフルエンザ定点医療機関からの報告をもとに、管轄の保健所単位で週ごとに注意報、または警報として通報するもの。今回、警報レベルに達したのは、山形県内にある4つの保健所の一つで北東部を管轄する同県新庄市の最上保健所と、北海道釧路市を管轄する釧路市の釧路保健所の2地域。全国で今冬初めて警報レベルに達した山形県最上保健所の管轄地域では、インフルエンザ定点医療機関5カ所に対して第50週にインフルエンザ様疾患患者数が168人に達し、警報レベルを超えた。

 一方、注意報レベルに達したのは、釧路市に隣接する北海道標津郡中標津町の中標津保健所管轄地域、福島県北部の福島市御山町にある県北保健所管轄地域と会津若松市の会津保健所管轄地域、群馬県高崎市の高崎保健所管轄地域、埼玉県西部の秩父保健所管轄地域の計5カ所になった。

 現在までのウイルス検出報告は、A/ソ連型が1件、A/香港型が71件、B型が12件で、A/香港型が主流になっている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップはこちらまで。(中沢真也)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44