2004.01.06

「タミフルを1歳未満には使用しないで」、米Roche社が注意喚起

 スイスRoche社の米国支社である米国Roche Laboratories社はこのほど、米国の小児科医など医療従事者に向け、抗インフルエンザウイルス薬のリン酸オセルタミビル(商品名:タミフル)を1歳未満の乳幼児に使用しないよう求めるドクターレター(Dear Healthcare Professional letter)を発出した。1歳未満に対する臨床試験が行われておらず、効果や安全性が確認されていない上、幼若ラットへの過量投与試験で死亡が確認されたため。米国食品医薬品局(FDA)も1月2日、この件をホームページ上に記載し、添付文書の指示を守るよう注意を呼びかけている。

 今回、Roche社が注意喚起通知を出した背景には、北米におけるインフルエンザの大流行がある。今シーズンは流行の立ち上がりが例年より早かったことに加え、少なくとも42人の小児がインフルエンザで死亡したことが報告されている。リン酸オセルタミビルは1歳未満に対する安全性が確認されておらず、米国そして日本の添付文書にもその旨が記載されているが、小児のインフルエンザ関連死への関心が高まる中では“適応外処方”が行われる恐れがあると同社は判断、注意喚起を行うこととなった。

 レター内で紹介されている「幼若ラットへの過量投与試験」は、生後7日のラットにリン酸オセルタミビルを1000mg/kg(小児への推奨投与量の約250倍)、1回投与したもの。ラットは死亡し、死亡との因果関係は不明なものの、脳内へのリン酸オセルタミビルの集積が確認された。ちなみに、成熟ラットでは過量投与による死亡例はなく、脳内集積も確認されていない。

 Roche社は、この「脳内集積」の原因が、幼若ラットでは血液脳関門(BBB)が十分に形成されていないことにあると考察。BBBが未成熟である「1歳未満の乳幼児」に対しても、リン酸オセルタミビルを処方すべきではないと強調している。

 この件に関するRoche社の注意喚起通知はこちら、FDAの安全性情報はこちらまで。米国における小児のインフルエンザ関連死に関しては、米国疾病対策センター(CDC)が1月2日付けの疾病・死亡週報(MMWR)に最新情報を掲載している。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127