2004.01.05

FDAが炭疽菌ワクチンの安全性と有効性を確認

 米国食品医薬品局(FDA)は2003年12月30日、炭疽菌ワクチンは安全で、その感染経路にかかわらず、炭疽菌感染への予防効果があることを確認した。FDAは今回、1972年にワクチンなどの規制に関する権限が、米国立衛生研究所(NIH)からFDAに移行する以前に認可を受けた特定の物質について、その安全性と有効性に関する調査を行ったが、炭疽菌ワクチンもその一つだった。

 FDAによると、これまでの比較臨床試験では炭疽菌を吸入することで感染した症例が非常に少ないものの、その全ての症例が、炭疽菌ワクチンを投与していなかった例であったことから、吸引経路による感染にもワクチンが有効であると結論付けた。

 さらにInstitute of Medicine(IOM;米国医療研究所)もまた、FDAとは別に炭疽菌ワクチンについて再調査を行い、その安全性と、吸引経路での感染も含めたヒトの炭疽菌感染に対する予防効果を確認している。

 炭疽菌ワクチンを含め、今回FDAが再調査を行った物質に関する報告書は、http://www.accessdata.fda.gov/scripts/oc/ohrms/advdisplay.cfmで見ることができる。また、FDAによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2