2004.01.05

FDAが炭疽菌ワクチンの安全性と有効性を確認

 米国食品医薬品局(FDA)は2003年12月30日、炭疽菌ワクチンは安全で、その感染経路にかかわらず、炭疽菌感染への予防効果があることを確認した。FDAは今回、1972年にワクチンなどの規制に関する権限が、米国立衛生研究所(NIH)からFDAに移行する以前に認可を受けた特定の物質について、その安全性と有効性に関する調査を行ったが、炭疽菌ワクチンもその一つだった。

 FDAによると、これまでの比較臨床試験では炭疽菌を吸入することで感染した症例が非常に少ないものの、その全ての症例が、炭疽菌ワクチンを投与していなかった例であったことから、吸引経路による感染にもワクチンが有効であると結論付けた。

 さらにInstitute of Medicine(IOM;米国医療研究所)もまた、FDAとは別に炭疽菌ワクチンについて再調査を行い、その安全性と、吸引経路での感染も含めたヒトの炭疽菌感染に対する予防効果を確認している。

 炭疽菌ワクチンを含め、今回FDAが再調査を行った物質に関する報告書は、http://www.accessdata.fda.gov/scripts/oc/ohrms/advdisplay.cfmで見ることができる。また、FDAによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124