2003.12.19

FDA、遺伝性血液凝固異常の初のDNAによる臨床検査を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は12月17日、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常による、遺伝性血液凝固異常の有無を見極める臨床検査キットを承認した。DNA(デオキシリボ核酸)を基にした臨床検査としてFDAが承認したのは、これが初めて。

 今回承認を受けたのは、「Factor V Leiden」キットと「Factor II (prothrombin) G20210A」キット。患者の血液から採取したDNA配列順をポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法で複製し、凝固異常の有無を調べる。検査の対象となるのは、本人や家族に血液凝固異常の病歴がある人など。

 FDAによると、米国人のおよそ5〜10%が、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子のどちらか一方または両方に異常があるという。同キットの製造元は、Roche Diagnostics Corporation(インディアナ州Indianapolis)。

 FDAによると、治験では、同検査キットによって、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常の有無を、ほぼ完全に見極めることができたという。

 詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 水飲んじゃダメですか?─心不全 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:94
  2. インフルエンザ流行、今年はなかなか手ごわい! わかる!院内感染対策 FBシェア数:178
  3. 母の手は石のように固くひび割れ、血が滲んで 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:103
  4. 輸液の教科書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  5. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:950
  6. 「自宅待機が月10回、手当を請求できる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 胃カメラの「死角」を見える化するには 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:20
  9. NHK『クロ現+』も問題にした在宅医療の質 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:399
  10. 睡眠学会がNHK「ガッテン!」の内容を批判 「睡眠科学、睡眠医療に関わる学術団体として看過できない」 FBシェア数:396