2003.12.16

【2型糖尿病診療の実際】No.3 患者数、もっとも多いのは「21人〜50人」の30.1%



 今回の調査に協力した292人の医師の背景を把握するため、日常診療で管理している患者数を尋ねた(n=292)。もっとも多いのは、「21人〜50人」の30.1%。これに「51人〜100人」の21.2%、「11人〜20人」の16.4%が続く(S.A。N=292)。

 プロフィールとのクロス集計をみると、年齢では「70歳以上」の層で「11〜20」にピークがあったが、ほかの年齢層はすべて「21〜50人」がもっと多かった。

 際立っていたのは専門科目別で、糖尿病・内分泌代謝内科で「300人超」が35.6%と目立つ。反面、産婦人科と小児科は、「10人以下」がそれぞれもっとも多かった。

 職場では、「診療所」の回答者で、「21〜50人」が35.9%あった点が注目される。「病院200床以上」で「300人超」が18.5%あり、「糖尿病・内分泌代謝内科」で「病院200床以上」の人が少なくないのがわかる。

 調査は、医療現場の第一線で活躍している医師に、2型糖尿病を中心に、その治療方針、薬の処方経験、糖尿病に関する情報ニーズなどをたずね、糖尿病診療の今を明らかにすることを目的とした。調査はインターネット上で、協力者にアンケート画面にアクセスしてもらい、Web画面上で各質問に回答する方法をとった。

 調査協力者は、MedWaveの会員医師。アンケートの協力を要請するメールを配信し、調査協力医師を募った。調査協力者は292人で、消化器内科(26.7%)、循環器内科(20.5%)、糖尿病・内分泌代謝内科(20.2%)、その他科目(27.4%)などとなっている。調査期間は、2003年10月2日(糖尿病の日)から2003年10月30日まで。
(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466