2003.12.16

【2型糖尿病診療の実際】No.3 患者数、もっとも多いのは「21人〜50人」の30.1%



 今回の調査に協力した292人の医師の背景を把握するため、日常診療で管理している患者数を尋ねた(n=292)。もっとも多いのは、「21人〜50人」の30.1%。これに「51人〜100人」の21.2%、「11人〜20人」の16.4%が続く(S.A。N=292)。

 プロフィールとのクロス集計をみると、年齢では「70歳以上」の層で「11〜20」にピークがあったが、ほかの年齢層はすべて「21〜50人」がもっと多かった。

 際立っていたのは専門科目別で、糖尿病・内分泌代謝内科で「300人超」が35.6%と目立つ。反面、産婦人科と小児科は、「10人以下」がそれぞれもっとも多かった。

 職場では、「診療所」の回答者で、「21〜50人」が35.9%あった点が注目される。「病院200床以上」で「300人超」が18.5%あり、「糖尿病・内分泌代謝内科」で「病院200床以上」の人が少なくないのがわかる。

 調査は、医療現場の第一線で活躍している医師に、2型糖尿病を中心に、その治療方針、薬の処方経験、糖尿病に関する情報ニーズなどをたずね、糖尿病診療の今を明らかにすることを目的とした。調査はインターネット上で、協力者にアンケート画面にアクセスしてもらい、Web画面上で各質問に回答する方法をとった。

 調査協力者は、MedWaveの会員医師。アンケートの協力を要請するメールを配信し、調査協力医師を募った。調査協力者は292人で、消化器内科(26.7%)、循環器内科(20.5%)、糖尿病・内分泌代謝内科(20.2%)、その他科目(27.4%)などとなっている。調査期間は、2003年10月2日(糖尿病の日)から2003年10月30日まで。
(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急