2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その9 「薬剤師、栄養士、眼科医師など、チーム医療が必要だが」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、その他専門科目で200床以上の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆産科医です。内科の先生には、生殖年齢女性への血糖コントロールを積極的にお願いしたい。経口糖尿病薬の催奇形性の問題より、高血糖による催奇形性の問題の方がはるかに重大であると思われる。<30〜39歳、産婦人科、埼玉県>

◆日常生活の改善が最も重要。<40〜49歳、その他の科目、奈良県>

◆専門でない先生が診ていることが多すぎる。<30歳未満、その他の科目、茨城県>

◆食事療法、運動療法といった基本的治療を患者さんに理解してもらうことがますます難しくなっている。<40〜49歳、その他の科目、宮城県>

◆合併症の多い末期糖尿病患者を診療する機会の多い腎臓内科医、循環器科医、神経内科医(脳内科医)に糖尿病診療に関する十分な知識が必要。<30〜39歳、その他の科目、大阪府>

◆薬剤師、栄養士、眼科医師など、チーム医療が必要だが、なかなか上手くいかない点がもどかしい。<30〜39歳、その他の科目、神奈川県>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正