2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その8 「糖尿病の方は意志の弱い方がやや多い傾向がある」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、その他専門科目で診療所にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆薬物療法や運動療法よりも食事療法こそを第一義とすべき。<70歳以上、その他の科目、愛知県>

◆透析患者の原因第一位になっており、早期腎臓障害発見と治療を必要とする。その意味では、早く腎臓内科医への紹介が大切と思われる。<50〜59歳、その他の科目、東京都>

◆糖尿病の原因、その方の性格、性格水準、ライフスタイル等を考慮しながら治療方法を考えておりますが、糖尿病の方は意志の弱い方や、理解力の乏しい方が他の疾患と比較してやや多い傾向があり、なかなか上手くいかないのが現状です。<40〜49歳、その他の科目、広島県>

◆他の疾患と同様に、患者教育が大切な事を実感している。医師だけでなく、看護師、栄養士、事務員の教育も重要である。また患者さんに理解してもらって治療を開始することが大切と考える。<50〜59歳、その他の科目、広島県>

◆食事療法や運動療法が守れない患者さんが多く、薬物でのコントロールが困難なこともあります。食生活の改善が第一と考えます。<30〜39歳、その他の科目、愛媛県>

◆食事と運動をおろそかにしてはどんな治療も効果がないことを実感していますが、栄養士の指導を受けても、肥満の糖尿病患者で、体重を減らすことができるのは10人に一人くらいです。<50〜59歳、その他の科目、新潟県>

◆食事・運動療法を治療の基本とするのは理解しているつもりだが、実際はその指導をする時間がなく、また指導しても患者さんがなかなか実行できず、結局は早い段階から薬物治療をしてしまっている。<40〜49歳、その他の科目、長野県>

◆治療の基礎となる食事療法をはやりの健康食品等に頼ることなくオーソドックスに着実に進めることが成功の鍵になる。<60〜69歳、その他の科目、長野県>

◆私は腎臓・透析を専門としています。私のところに来られる患者様は既に腎症を発症ないしは腎機能障害を起こしている方がほとんどです。糖尿病性腎不全で透析に導入になる患者数が激増しており、また非糖尿病患者と比べると合併症の発症が多く、透析も難しくしたがってその予後も不良です。とにかく発症早期からの教育・治療が最も重要と考えます。<40〜49歳、その他の科目、群馬県>

◆合併症の予防のためにも食事、運動療法を開始したいのだが、なかなか認めたがらないので行動変容できずに治療が遅くなるので悩んでしまいます。<30〜39歳、その他の科目、神奈川県>

◆現在、糖尿病患者の多くは自覚症状(口渇、多尿など)があって受診するのではなく、健診で指摘されて受診することが多いが、健診ではほとんどの場合、「ご飯を食べないで着てください」と指示されており、空腹時血糖が測定されています。しかし、空腹時血糖では、食後のみ高血糖で空腹時血糖は正常な初期糖尿病/耐糖能異常は検出できません。わたしは糖尿病の疑いがある人を検査する場合、あえて「ご飯を食べて1時間くらいしてから来てください」と指示しています。全員に75gグルコース試験を施行するのは医療経済的に困難なので、食後血糖値(とヘモグロビンA1c)で初期糖尿病をスクリーニングしています。<40〜49歳、その他の科目、東京都>

◆境界域と言われている患者の治療が大切。<50〜59歳、その他の科目、大阪府>

◆かなり薬効が違う薬が出揃ってきたので、メルクマール的なものでどの薬を使うかガイドラインがもう少しはっきりしてくればよい。特に併用の問題があいまいさが残る。<40〜49歳、その他の科目、北海道>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22