2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その6 「厳しく管理すると嫌がられ、緩く管理していると合併症に襲われてしまう」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、消化器内科で診療所にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆本人の自覚(病識)がないとなかなか治療は困難である。<50〜59歳、愛媛県>

◆糖尿病の増加を抑えるためにまず必要なのは、医療レベルを引き上げることより、一般人一人ひとりに最低限の糖尿病の知識を与えることであろう。<40〜49歳、東京都>

◆糖尿病の合併症に対しては、特に腎症など保険適用に最高限度額をもうけるべきである。そうでないとこれからは、透析患者の費用で医療費は、パンクしてしまう。糖尿病の病識を持たせるべきである。<50〜59歳、鹿児島県>

◆生活が多様化しており、単純に朝、昼、夕の服薬でいいのか考えることがある。<40〜49歳、埼玉県>

◆食事療法の意義が理解されていない患者が少なからずいる。服薬コンプライアンスのよい薬剤が開発されることを望む。<30〜39歳、山梨県>

◆小さな医院では、栄養士もおらず食事療法の指導が十分に行えない。病診連携で栄養指導だけを、病院にお願いできればと思う。<40〜49歳、山梨県>

◆最近、糖尿病治療に使用できる薬剤の種類が増えて、よりきめの細かい調整が可能になり、治療の幅が拡がったと思う。しかし、糖尿病治療の基本はやはり「食事」と「運動」。安易に薬物を使用すると患者さんも安心していまいコントロールがルーズになりがちです。薬なしの方が緊張感をもって、きちんと食事コントロールができています。また、きちんとした知識を提供し、勝手に民間療法に走らないように教育することも重要と考えます。モチベーションをいかに持続させるかもポイントと考えます。<30〜39歳、三重県>

◆今までは糖尿病の患者さんはなかなか医師の指導に従わない人が多いと考えていましたが、糖尿病患者の数が増えるに従い健康教育が行き渡り指導がし易くなりました。インスリン製剤も使用し易くなり大変助かっています。<60〜69歳、熊本県>

◆高い薬ほど血糖が下がらない現実に不満である。<40〜49歳、神奈川県>

◆厳しく管理すると嫌がられ、緩く管理していると合併症に襲われてしまい、非常にやっかいな病気である。<40〜49歳、長野県>

◆空腹時血糖ではなく、食後高血糖を如何に早く見つけるかが大事であると考える。<50〜59歳、三重県>

◆患者さんの理解を得るのに苦労する。自覚症状がないため、食事・運動療法になかなか理解を示さない。<50〜59歳、長崎県>

◆患者さんの糖尿病に対する考え方により治療効果が大きく変わってくるという印象がある。きちんとした説明が大事と考えていますがまだまだ難しい。<30〜39歳、岐阜県>

◆インスリン治療に切り替えるときのタイミングが難しい。また患者によってはインスリンに対する恐怖感が強く拒否されてしまう場合もある。<50〜59歳、大阪府>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1