2003.12.16

【読者の声】 「2型糖尿病診療の実際」調査から その1 「糖尿病の予備軍」ではなく「(境界型)糖尿病」が正しい、ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、糖尿病・内分泌代謝内科で診療所にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

 今回調査にご協力いただいた292人の方には、この場を借りまして、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◆糖尿病患者増加に伴い糖尿病薬が次々と開発、販売が開始され喜ばしいとは思う。しかしまだ大部分の新薬で大規模臨床試験での評価が定まっていない現状では、その安易な使用には慎重でありたい。まずは食事や運動等のライフスタイル変容に心がけるように指導することが最も大切であることは強調しておきたい。次に大切なことはEBMの観点からも医療経済的にもメトホルミンの保険適応使用最大量を欧米並みに増量することが最も有用と考える。<40〜49歳、福岡県>

◆診断確定後早期に教育特に食事指導(交換表準拠)に1時間以上要するが、指導技術料の設定が健康保険では設定されていない。外来指導に対応できる点数設定の必要性を学会などで2年以上唱えてきたが実現の方向に向いていない。指導の有無の実態を5年一区切り、20年間の実態の発表を続けたが駄目。診断後早期の指導評価がないと、慢性疾患指導料や丸めの生活習慣病の包括指導料では指導体制の実績は上がらない。<70歳以上、大分県>

◆治療開始時に、主治医がいかに熱意を持って、患者さんに正しい生活習慣を指導することができるかがすべてだと思う。<60〜69歳、石川県>

◆検診で早期の患者さんの発見に努め、その患者さんの進行を徹底して防ぐシステムの構築が必要。これ以上糖尿病性腎症による透析患者を増やしてはならない。<50〜59歳、福岡県>

◆患者のインスリンに対する抵抗感をなくすことが難しい。<40〜49歳、群馬県>

◆一般臨床医の軽症糖尿病に対する認識が甘く、早期に食事・運動療法が指導されていない。マスコミの表現も、「糖尿病の予備軍」ではなく「(境界型)糖尿病」が正しいのであって、大血管合併症はこの段階から始まることを広く啓蒙して欲しい。<30〜39歳、愛知県>

◆インスリン注射でないとコントールできない患者さんでも、なかなかインスリン注射を納得してもらえない。開業医に来る糖尿病患者さんにその傾向が強い。<50〜59歳、京都府>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正