2003.12.15

米国厚生省、25万用量のインフルエンザワクチンを購入

 米国厚生省(HHS)は12月11日、米国の一部地域で不足しているインフルエンザワクチンを、25万用量購入したことを発表した。このうち10万用量が成人用、15万用量が小児用で、今週末にも全米の州に配布する。HHSが、今シーズンのインフルエンザ流行とワクチン不足を、深刻に受け止めていることがうかがえる。

 米国では今シーズン、これまでに8300万用量のワクチンが各地域に配布されている。だが、今年のインフルエンザの流行は例年より早く始まっており、またワクチン投与を受ける人の出足も早かったため、一部地域ではワクチンの不足が発生している。

 今回のワクチンは、製造元のAventis Pasteur社から購入したもの。HHSは、今後もワクチンの追加購入について可能性を追求し続けるとしている。

 また、インフルエンザの予防や他人への感染予防対策として、以下のような呼びかけをしている。

1.頻繁に、石けんを使い暖かいお湯で手を洗う。子供にも、同様のしつけをする。
2.もしインフルエンザやかぜをひいてしまったら、咳やくしゃみをする時には鼻と口を覆い、使ったちり紙は適切な場所に捨てる。インフルエンザのような症状がある時には、長期介護施設への訪問は避ける。
3.具合が悪い時には、回復するまで仕事や学校は休む。

 HHSによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84