2003.12.15

米国厚生省、25万用量のインフルエンザワクチンを購入

 米国厚生省(HHS)は12月11日、米国の一部地域で不足しているインフルエンザワクチンを、25万用量購入したことを発表した。このうち10万用量が成人用、15万用量が小児用で、今週末にも全米の州に配布する。HHSが、今シーズンのインフルエンザ流行とワクチン不足を、深刻に受け止めていることがうかがえる。

 米国では今シーズン、これまでに8300万用量のワクチンが各地域に配布されている。だが、今年のインフルエンザの流行は例年より早く始まっており、またワクチン投与を受ける人の出足も早かったため、一部地域ではワクチンの不足が発生している。

 今回のワクチンは、製造元のAventis Pasteur社から購入したもの。HHSは、今後もワクチンの追加購入について可能性を追求し続けるとしている。

 また、インフルエンザの予防や他人への感染予防対策として、以下のような呼びかけをしている。

1.頻繁に、石けんを使い暖かいお湯で手を洗う。子供にも、同様のしつけをする。
2.もしインフルエンザやかぜをひいてしまったら、咳やくしゃみをする時には鼻と口を覆い、使ったちり紙は適切な場所に捨てる。インフルエンザのような症状がある時には、長期介護施設への訪問は避ける。
3.具合が悪い時には、回復するまで仕事や学校は休む。

 HHSによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正