2003.12.12

記憶力や学習能力をアップする「バコパ」 オルガノの関連会社が国内販売開始

 記憶力を高め、頭の回転を良くするとされるハーブ「バコパ」。そのサプリメントを、水処理装置の大手、オルガノが12月1日から販売開始した。

 同社のグループ企業のJOクリエイト(東京都文京区)が「オルエスト・ブラーミ」という商品名で通信販売するもの。150粒(約1カ月分)入りで8000円。

 バコパは、インドに自生する水草の一種。インドの伝統医学アーユルベーダで薬草として利用されてきた。米国では“頭に効く”ハーブとして知られており、バコパの抽出エキスを配合したサプリメントが販売されている。

 バコパエキスの有効成分は、サポニンの一種「バコサイド」。作用機序はわかっていないが、東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科客員教授の矢澤一良氏は、「脳への関所(血液脳関門)を通り抜け、脳内で抗酸化作用を発揮し、結果として記憶力や学習能力の向上につながるのではないか」と推測する。

 海外では、ヒトを対象とした臨床試験が行われている。例えば、2001年に発表されたオーストラリアでの試験では、46人を2群に分け、一方にバコパエキスを1日300mg、一方に偽薬をのませた。5週間後と12週間後に複数の単語を聞かせて、どれだけ覚えているかを調べる試験を行ったところ、バコパ群は偽薬群に比べ、有意に成績が良く、記憶能力や学習能力の向上効果があると確認された。

 有効量は、バコサイド量で1日60mg。オルエスト・ブラーミは、バコサイドを20%以上含むバコパエキスを5粒中に300mg配合し、有効量をクリアしている。

 また、脳の細胞膜に多く存在し、老化に伴う記憶力減退に効果があるというリン脂質「ホスファチジルセリン」も50mg配合している。(白澤淳子)

■ メールマガジンの登録はこちらから ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161