2003.12.12

記憶力や学習能力をアップする「バコパ」 オルガノの関連会社が国内販売開始

 記憶力を高め、頭の回転を良くするとされるハーブ「バコパ」。そのサプリメントを、水処理装置の大手、オルガノが12月1日から販売開始した。

 同社のグループ企業のJOクリエイト(東京都文京区)が「オルエスト・ブラーミ」という商品名で通信販売するもの。150粒(約1カ月分)入りで8000円。

 バコパは、インドに自生する水草の一種。インドの伝統医学アーユルベーダで薬草として利用されてきた。米国では“頭に効く”ハーブとして知られており、バコパの抽出エキスを配合したサプリメントが販売されている。

 バコパエキスの有効成分は、サポニンの一種「バコサイド」。作用機序はわかっていないが、東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科客員教授の矢澤一良氏は、「脳への関所(血液脳関門)を通り抜け、脳内で抗酸化作用を発揮し、結果として記憶力や学習能力の向上につながるのではないか」と推測する。

 海外では、ヒトを対象とした臨床試験が行われている。例えば、2001年に発表されたオーストラリアでの試験では、46人を2群に分け、一方にバコパエキスを1日300mg、一方に偽薬をのませた。5週間後と12週間後に複数の単語を聞かせて、どれだけ覚えているかを調べる試験を行ったところ、バコパ群は偽薬群に比べ、有意に成績が良く、記憶能力や学習能力の向上効果があると確認された。

 有効量は、バコサイド量で1日60mg。オルエスト・ブラーミは、バコサイドを20%以上含むバコパエキスを5粒中に300mg配合し、有効量をクリアしている。

 また、脳の細胞膜に多く存在し、老化に伴う記憶力減退に効果があるというリン脂質「ホスファチジルセリン」も50mg配合している。(白澤淳子)

■ メールマガジンの登録はこちらから ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1