2003.12.12

美人女医が明かす、ポスター発表で観衆を集める秘訣

 学会のポスター発表は、多くの研究者と忌憚のない意見を交わせる、またとない機会。できるだけ多くの人に足を止めてもらいたい−−。だれしもそう願うところだが、Canadian Medical Association Journal(CMAJ)誌12月9日号に掲載されたカナダの女性医師の「研究」から、ポスター発表で人目を集めるための意外な秘訣が判明した。

 カナダWestern Ontario大学小児科のSusan L. Bannister氏らが注目したのは「演者とポスターのカラーコーディネート」。Bannister氏が学会発表のために用意したポスターは、青、薄紫(ラベンダー)、緑、黄色の4色を使ったカラフルなものだ。そのポスターの前に、セッションの前半は薄紫、後半は真っ赤なブラウスを着用して立つことで、ポスターを訪れる観衆の数がどう変わるかを調べた。

 もちろん、ポスターセッションの前半と後半で、会場を訪れる人数に差がないという保証はない。そこでBannister氏らは、同僚のHeather MacDonnell氏に協力してもらい、ベージュの地味なジャケットを着て、地味な配色の別のポスター前に立ってもらった。MacDonnell氏が「対照」というわけだ。

 セッションの前半(39分間)に、薄紫のブラウスを着たBannister氏のポスターを訪れた人数は68人。「対照」のMacDonnell氏のポスターには40人しか訪れなかった。ところが、セッションの後半(28分間)にBannister氏が真っ赤なブラウスに着替えると、ポスターを訪れる人数は32人へと減少。一方、MacDonnell氏のポスターには71人が訪れ、カイ2乗検定で、ブラウスの色とポスターに訪れる人数とには明らかに関連があることがわかった。

 論文にはカラー写真が掲載されているが、確かに、薄紫のブラウスはポスターにマッチする色。一方、真っ赤なブラウスと4色ポスターとは、まさに眼がちかちかする色の取り合わせだ。最近は人目を引くカラフルなポスターが増えているが、色鮮やかなポスターの前に立つ場合は、自分が着る服の色にも気を配る必要があるようだ。

 この論文のタイトルは、「Effect of colour coordination of attire with poster presentation on poster popularity」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176