2003.12.10

【続報】【インフルエンザ速報】 香港保健局、5歳男児の鼻咽頭からトリインフルエンザウイルス(H9N2)を検出と発表 

 香港保健局は12月9日、インフルエンザ様症状で入院した5歳男児の鼻咽頭吸引検体から、A型トリインフルエンザウイルス(H9N2)が検出されたと発表した。香港でH9N2ウイルスが検出されたのは1999年に女児2人から検出されて以来、2度目。保健局は、世界保健機関(WHO)とマカオ、広東州に通報した。

 この男児は11月25日に発症し、発熱と咳、鼻水などのインフルエンザ様症状を呈して、11月27日にUnited Christian Hospitalに入院、2日後の29日に退院した。男児は香港外に出たことはなく、当局は、前例から推察して、孤発のトリ−ヒト感染である可能性が高いと見ている。男児の家族に軽い咳症状を呈している者がいるという。

 同局は医療関係者や幼稚園、学校などに注意喚起するとともに、市民に対して、家禽との接触を極力避け、生きている家禽に触れた場合には石鹸を使って手を入念に洗うよう求めている。

 香港保健局のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正