2003.12.09

【性感染症学会速報】 第16回日本性感染症学会が長野市で開催 

 2003年12月6日と7日の2日間、長野駅に近い、長野市の若里市民文化ホールで、日本性感染症学会の第16回学術大会が開催された。一般演題が56題と小規模な学会だが、近年、若年女性を中心に感染者が急増している性感染症の現状や耐性菌の蔓延に対応した治療方針などを中心に討議が展開された。

 本会合では、今年末をめどに改訂作業が進められている淋菌感染症の治療ガイドラインについて、淋菌感染症小委員会の中間報告が行われた。ほかに、特別講演として、性の健康科学財団名誉会頭で札幌医科大学の熊本悦明氏による記念講演「花柳病−性病−性感染症:その予防啓発の100年の歴史」など3題、「若者の性が危ない」をテーマにした市民公開講座2題、ランチョンセミナーやスライドセミナーなどのスポンサード・セミナーが実施された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051