2003.12.09

【性感染症学会速報】 第16回日本性感染症学会が長野市で開催 

 2003年12月6日と7日の2日間、長野駅に近い、長野市の若里市民文化ホールで、日本性感染症学会の第16回学術大会が開催された。一般演題が56題と小規模な学会だが、近年、若年女性を中心に感染者が急増している性感染症の現状や耐性菌の蔓延に対応した治療方針などを中心に討議が展開された。

 本会合では、今年末をめどに改訂作業が進められている淋菌感染症の治療ガイドラインについて、淋菌感染症小委員会の中間報告が行われた。ほかに、特別講演として、性の健康科学財団名誉会頭で札幌医科大学の熊本悦明氏による記念講演「花柳病−性病−性感染症:その予防啓発の100年の歴史」など3題、「若者の性が危ない」をテーマにした市民公開講座2題、ランチョンセミナーやスライドセミナーなどのスポンサード・セミナーが実施された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7