2003.12.09

【性感染症学会速報】 第16回日本性感染症学会が長野市で開催 

 2003年12月6日と7日の2日間、長野駅に近い、長野市の若里市民文化ホールで、日本性感染症学会の第16回学術大会が開催された。一般演題が56題と小規模な学会だが、近年、若年女性を中心に感染者が急増している性感染症の現状や耐性菌の蔓延に対応した治療方針などを中心に討議が展開された。

 本会合では、今年末をめどに改訂作業が進められている淋菌感染症の治療ガイドラインについて、淋菌感染症小委員会の中間報告が行われた。ほかに、特別講演として、性の健康科学財団名誉会頭で札幌医科大学の熊本悦明氏による記念講演「花柳病−性病−性感染症:その予防啓発の100年の歴史」など3題、「若者の性が危ない」をテーマにした市民公開講座2題、ランチョンセミナーやスライドセミナーなどのスポンサード・セミナーが実施された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94