2003.12.09

【性感染症学会速報】 女性性器クラミジア感染症にアジスロマイシン500mg×2回療法が著効 

 女性性器のクラミジア感染に対する治療法として、アジスロマイシン500mg2回投与の有効性が確認された。国内で主流になっているニューキノロン系薬剤などの7〜14日間投与と比較して、除菌効果は同等であり、コンプライアンスが高いという。若者を中心に激増するクラミジア感染症に対する治療法の選択肢として、検討する価値がありそうだ。12月6日の一般口演「クラミジア−3」で、神戸大学大学院成育医学講座の森山俊武氏が発表した。

 森山氏らは、性感染症(STD)の随伴症状や精査希望で受診した患者のうち、初診時にPCR法による検査で子宮頚部クラミジア陽性だった42人のうち、クラミジア以外のSTD病原体が検出されなかった36人を対象として、アジスロマイシン500mgを1日1回、2日間投与し、投与開始1週間後と2週間後にクラミジア抗原を再検査した。

 その結果、1週間後には75%(36例中27例)、2週間後には全例がPCR検査でクラミジア陰性になった。介入に対する脱落はなかった。治療開始前には、クラミジア子宮頚管炎の典型的な症状のうち、帯下増量が36例中11例、掻痒が同14例、性器痛が同6例に認めたが、1週間目には帯下増量は36例中4例、掻痒は同8例、性器痛は同4例に、2週目には、帯下増量は36例中2例、掻痒は同5例、性器痛は同3例と時間経過に伴って減少した。

 一方、副作用を疑う所見は約3割の患者に認められた。多かったのは、下痢(36例中4例)、嘔気(同3例)、発疹(同2例)で、時間とともに軽快し、2週目には消失した。血液生化学、肝機能、腎機能などの検査では特異的な変化は見られなかった。

 コンプライアンスについては、のみ忘れ、服薬中の性交のいずれについても全患者でなく、遵守できたという。1000mg1回投与ではなく、500mg2回としたことについて森山氏は、「最終的には1000mg1回投与が望ましいと思われるが、体格差を考えて今回は2回投与とした」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0