2003.12.05

【インフルエンザ速報】 A香港型が流行、規模は平年並み−−東京都が今シーズンの流行予測発表

 東京都健康局は12月4日、都における今シーズンのインフルエンザ流行は、主にA香港型が流行し、流行の規模は平均的になるとする予測を発表した。この場合、都内の患者総数は140万人から210万人程度で、都民の6人から8人に一人が罹る計算になる。

 東京都では、流行するウイルス株をA香港型とした根拠については、今年秋の都民に対する抗体保有率の検査結果から、A香港型(H3N2)、Aソ連型(H1N1)、B型の抗体保有率が必ずしも高くなく、過去の流行状況から判断して、今シーズンはA香港型が流行しやすい状況にあると推測した。

 流行規模の予測は、過去12年間の都内インフルエンザ定点医療機関からの患者報告数と抗体保有率の関連を基に、今シーズンの定点報告数を約2万4900人と推計した。過去12年間の定点報告数は最も少ない年で6000人、最も多い年で4万8000人であり、今シーズンは3分位の中位「平均的規模」と推定した。

 都健康局では、予測の発表は、インフルエンザ流行に対して都民の注意を喚起するのが目的で、ウイルス株の予測は大きな変異が発生しないことが条件、規模についても気象条件やワクチン接種率で左右される可能性があるとしている。

 予測についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84