2003.12.05

【インフルエンザ速報】 A香港型が流行、規模は平年並み−−東京都が今シーズンの流行予測発表

 東京都健康局は12月4日、都における今シーズンのインフルエンザ流行は、主にA香港型が流行し、流行の規模は平均的になるとする予測を発表した。この場合、都内の患者総数は140万人から210万人程度で、都民の6人から8人に一人が罹る計算になる。

 東京都では、流行するウイルス株をA香港型とした根拠については、今年秋の都民に対する抗体保有率の検査結果から、A香港型(H3N2)、Aソ連型(H1N1)、B型の抗体保有率が必ずしも高くなく、過去の流行状況から判断して、今シーズンはA香港型が流行しやすい状況にあると推測した。

 流行規模の予測は、過去12年間の都内インフルエンザ定点医療機関からの患者報告数と抗体保有率の関連を基に、今シーズンの定点報告数を約2万4900人と推計した。過去12年間の定点報告数は最も少ない年で6000人、最も多い年で4万8000人であり、今シーズンは3分位の中位「平均的規模」と推定した。

 都健康局では、予測の発表は、インフルエンザ流行に対して都民の注意を喚起するのが目的で、ウイルス株の予測は大きな変異が発生しないことが条件、規模についても気象条件やワクチン接種率で左右される可能性があるとしている。

 予測についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256