2003.12.02

インフルエンザ、46週は全国で57例の報告

 国立感染症研究所が12月1日に発表した2003年第46週(11月10日〜11月16日)の感染症発生動向調査によると、インフルエンザの報告が全国21都道府県からあった。多かったのは、大阪府の9件、埼玉県の8件、愛知県の7件など。ただし、定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)は0.01で、まだ流行期には入っていない。

 咽頭結膜熱は第29週から42週まで減少を続けた後上昇傾向に転じ、45週目で微減したが46週では再び増加して、全国平均の定点当たり報告数は0.18になった。都道府県別では、鳥取県(1.4)、山形県(0.7)、愛媛県(0.7)が多い。

 A型溶血性レンサ球菌咽頭炎は33週以降、増加傾向が続いている。例年では50週付近に年内のピークがあり、同様の経過なら今後も患者数が増える可能性もある。都道府県別では、鳥取県(4.3)、山形県(3.3)が多い。

 感染性胃腸炎は34週以降、微増傾向を示した後、43週から患者数が急増した。全国平均の定点当たり報告数は6.16、都道府県別では、宮崎県(18.9)、福井県(18.7)、石川県(13.8)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(11月20日集計分)。

 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:コレラ1例、細菌性赤痢4例、腸チフス2例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症34例(うち有症者22例)。
 4類感染症:つつが虫病4例、デング熱1例、マラリア1例、E型肝炎1例(インド)、A型肝炎2例(国内)。
 5類感染症:アメーバ赤痢7例、ウイルス性肝炎7例(B型6例、C型1例)、後天性免疫不全症候群21例(AIDS5例、無症候13例、その他3例)、ジアルジア症1例、梅毒1例、バンコマイシン耐性腸球菌感染症1例。

 感染症発生動向調査週報第46号(第46週分)の全文は、こちら(pdfファイル)まで。(中沢真也)

■新刊のお知らせ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14