2003.12.02

大日本製薬創製の抗てんかん剤「ゾニサミド」、欧州で承認申請

 大日本製薬は12月1日、同社が創製した抗てんかん剤の「ゾニサミド(一般名)」のライセンス供与先であるアイルランドのElan社が、欧州医薬審査庁に対し、販売承認申請を行ったと発表した。申請した適応症は12歳以上の小児と成人の部分てんかんの併用療法だという。ゾニサミドの国内での販売名は「エクセグラン」で1989年から販売している。米国市場では米国Elan社がZonegranの商品名で2000年に発売しており、2002年実績で4300万ドルの売り上げ高を得ている。日本では、さらにパーキンソン病の適応症追加を目指し、現在、臨床試験を実施している。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:1
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:41
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:2
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:15
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:4
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:68
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:3
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:6