2003.12.01

2003年世界の新たなエイズによる死者は300万人と過去最高に、WHO報告書

 世界保健機関(WHO)は11月25日、2003年にエイズウイルス(HIV)感染によって死亡した人は、世界で約300万人と、過去最高に上ると報告した。同年の新たな感染者は約500万人で、合わせて世界のHIV感染者は過去最高の約4000万人となった。WHOは、世界のHIV流行に減少の兆しは見られない、としている。

 これは、WHOとJoint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS)が、世界のHIV流行に関する報告書「AIDS Epidemic Update 2003」の中で公表したもの。

 これによると、地域別では感染者が最も多いのはアフリカ亜サハラ地域で、その数は約2660万人、2003年の新たな感染者は約320万人だった。中でも南アフリカ地域は、人口比が世界の2%なのに対し、世界のHIV感染者の3割が住んでおり、大人の5人に一人が感染者だという。国別では、南アフリカの感染者が最も多く、約530万人に上った。

 一方、HIVは子供にも着実に感染を広げているようだ。2003年の新たな感染者のうち、15歳未満の数は約70万人、感染者の合計では約250万人、死者は約50万人と見られている。

 さらに同報告書では、中国やインドネシア、ベトナムといった、近年までHIV感染者があまり報告されていなかった地域で、特に不法注射薬の常用者や、売春行為を行う人の間で、急激に増えてきていると警告している。例えば中国の新疆ウイグル自治区や広東省では、不法注射薬常用者のそれぞれ35〜80%と20%に、HIV感染者が見つかっている。

 なおWHOらは、昨年も同様な報告書を発行しており、その中で、世界のHIV感染者総数は約4200万人と推定していた。この数は今年の推定数を下回っているものの、WHOらはこの点について、調査の精度が上がったことによるもので、HIV感染者の数は減っていないと強調している。

 報告書の中身は、UNAIDSのホームページで閲覧できる。また、WHOによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■新刊のお知らせ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正