2003.12.01

人口当たりの医師数は西高東低、最多は徳島県、最も少ないのは埼玉県−−2002年厚労省調査から

 厚生労働省が11月27日にホームページに掲載した2002年末現在の医師・薬剤師調査の概況によると、人口当たりの医師数は、東京など突出している地域を別にすると、中国、四国、九州で多く、東北、関東、中部で少ない西高東低になっている。

 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数は、全国平均で195.8人となっている。最も多いのは徳島県の258.7人で、高知県の258.5人、京都府の257.8人、東京都の253.7人がこれに次ぐ。反対に最も少ない県は埼玉県で121.8人と最多4都府県の半数に満たない。これに茨城県の136.6人、千葉県の141.9人が次ぐ。東京都以外の首都圏地域が少ないのは、東京都の医療機関が代替していると考えられるが、全国的な分布を見ると、東北や関東、中部などでは少なく、中国、四国、九州では多い傾向が見られる。

 近畿以東では、全国平均の195.8人を上回っているのは、7都道府県に過ぎないが、中国、四国、九州では、逆に平均を下回っているのは沖縄だけである。近畿以東と、中国、四国、九州で人口10万人当たり医師数の平均値を比較すると、1975年には東が、106.2人、西が120.7人と西が13.6%多いだけだったが、1986年には東140.1人、西167.2人で西が19.3%多く、1998年には東が180.2人に対して西は222.1人で23.3%西が多く、格差は広がる傾向にあった。2002年には東が185人、西が228.2人で西が23.4%と、1998年とほぼ同じ比率になっている。

 2002年の医師・歯科医師・薬剤師調査の概況はこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.12.1 医師総数は26万2687人、20歳代で女性が3割超す−−2002年厚労省調査から

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正