2003.12.01

人口当たりの医師数は西高東低、最多は徳島県、最も少ないのは埼玉県−−2002年厚労省調査から

 厚生労働省が11月27日にホームページに掲載した2002年末現在の医師・薬剤師調査の概況によると、人口当たりの医師数は、東京など突出している地域を別にすると、中国、四国、九州で多く、東北、関東、中部で少ない西高東低になっている。

 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数は、全国平均で195.8人となっている。最も多いのは徳島県の258.7人で、高知県の258.5人、京都府の257.8人、東京都の253.7人がこれに次ぐ。反対に最も少ない県は埼玉県で121.8人と最多4都府県の半数に満たない。これに茨城県の136.6人、千葉県の141.9人が次ぐ。東京都以外の首都圏地域が少ないのは、東京都の医療機関が代替していると考えられるが、全国的な分布を見ると、東北や関東、中部などでは少なく、中国、四国、九州では多い傾向が見られる。

 近畿以東では、全国平均の195.8人を上回っているのは、7都道府県に過ぎないが、中国、四国、九州では、逆に平均を下回っているのは沖縄だけである。近畿以東と、中国、四国、九州で人口10万人当たり医師数の平均値を比較すると、1975年には東が、106.2人、西が120.7人と西が13.6%多いだけだったが、1986年には東140.1人、西167.2人で西が19.3%多く、1998年には東が180.2人に対して西は222.1人で23.3%西が多く、格差は広がる傾向にあった。2002年には東が185人、西が228.2人で西が23.4%と、1998年とほぼ同じ比率になっている。

 2002年の医師・歯科医師・薬剤師調査の概況はこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.12.1 医師総数は26万2687人、20歳代で女性が3割超す−−2002年厚労省調査から

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96