2003.12.01

人口当たりの医師数は西高東低、最多は徳島県、最も少ないのは埼玉県−−2002年厚労省調査から

 厚生労働省が11月27日にホームページに掲載した2002年末現在の医師・薬剤師調査の概況によると、人口当たりの医師数は、東京など突出している地域を別にすると、中国、四国、九州で多く、東北、関東、中部で少ない西高東低になっている。

 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数は、全国平均で195.8人となっている。最も多いのは徳島県の258.7人で、高知県の258.5人、京都府の257.8人、東京都の253.7人がこれに次ぐ。反対に最も少ない県は埼玉県で121.8人と最多4都府県の半数に満たない。これに茨城県の136.6人、千葉県の141.9人が次ぐ。東京都以外の首都圏地域が少ないのは、東京都の医療機関が代替していると考えられるが、全国的な分布を見ると、東北や関東、中部などでは少なく、中国、四国、九州では多い傾向が見られる。

 近畿以東では、全国平均の195.8人を上回っているのは、7都道府県に過ぎないが、中国、四国、九州では、逆に平均を下回っているのは沖縄だけである。近畿以東と、中国、四国、九州で人口10万人当たり医師数の平均値を比較すると、1975年には東が、106.2人、西が120.7人と西が13.6%多いだけだったが、1986年には東140.1人、西167.2人で西が19.3%多く、1998年には東が180.2人に対して西は222.1人で23.3%西が多く、格差は広がる傾向にあった。2002年には東が185人、西が228.2人で西が23.4%と、1998年とほぼ同じ比率になっている。

 2002年の医師・歯科医師・薬剤師調査の概況はこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.12.1 医師総数は26万2687人、20歳代で女性が3割超す−−2002年厚労省調査から

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172