2003.11.28

FDAが第3のED治療薬を承認、PDE5阻害薬3剤の揃い踏みに

 米国食品医薬品局(FDA)は11月21日、勃起機能不全(ED)の治療薬として、タダラフィル(米国での商品名:Cialis)を承認した。米国内で承認された経口のED治療薬としては、シルデナフィル(わが国での商品名:バイアグラ)、バルデナフィル(米国での商品名:Levitra、わが国では承認申請中、関連トピックス参照)に次ぐ3剤目。既にこの3剤が市販されている欧州に続き、米国内でもシェア争いが激化しそうだ。

 タダラフィルもシルデナフィルやバルデナフィルと同様、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)の選択的な阻害薬。PDE5は勃起の発現・維持(陰茎海綿体への血液流入)に必要なサイクリックGMP(cGMP)を分解するが、同薬はPDE5の作用を阻害してcGMPを増加する。

 他2薬とタダラフィルとの違いは、血中半減期が長いため、「性行為の1時間前に服用する」との“縛り”がないこと(関連トピックス参照)。他2薬より服薬タイミングの自由度が高く、「長く効く」わけだが、その分、代謝への影響も長く続くため、併用薬や腎機能、肝機能には一層の注意が必要になる。

 この件に関するFDAのニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.8.22 FDA、勃起機能不全の新治療薬を承認
◆ 2002.5.30 新ED治療薬タダラフィル、服用36時間後でも性行為成功率を改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1