2003.11.28

FDAが第3のED治療薬を承認、PDE5阻害薬3剤の揃い踏みに

 米国食品医薬品局(FDA)は11月21日、勃起機能不全(ED)の治療薬として、タダラフィル(米国での商品名:Cialis)を承認した。米国内で承認された経口のED治療薬としては、シルデナフィル(わが国での商品名:バイアグラ)、バルデナフィル(米国での商品名:Levitra、わが国では承認申請中、関連トピックス参照)に次ぐ3剤目。既にこの3剤が市販されている欧州に続き、米国内でもシェア争いが激化しそうだ。

 タダラフィルもシルデナフィルやバルデナフィルと同様、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)の選択的な阻害薬。PDE5は勃起の発現・維持(陰茎海綿体への血液流入)に必要なサイクリックGMP(cGMP)を分解するが、同薬はPDE5の作用を阻害してcGMPを増加する。

 他2薬とタダラフィルとの違いは、血中半減期が長いため、「性行為の1時間前に服用する」との“縛り”がないこと(関連トピックス参照)。他2薬より服薬タイミングの自由度が高く、「長く効く」わけだが、その分、代謝への影響も長く続くため、併用薬や腎機能、肝機能には一層の注意が必要になる。

 この件に関するFDAのニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.8.22 FDA、勃起機能不全の新治療薬を承認
◆ 2002.5.30 新ED治療薬タダラフィル、服用36時間後でも性行為成功率を改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180