2003.11.26

コンゴのエボラ出血熱、感染者36人、死亡18人に

 世界保健機関(WHO)は11月24日、コンゴ共和国で新たに発生したエボラ出血熱の流行で、感染者数が36人、うち死亡者数が18人に達したと発表した。発生したのは今年2月にもエボラ出血熱が流行したMbomo地域のMbomo地区と、同地区の近隣のMbandza村の2カ所。Mbomoでは33人の患者が発生し、うち15人が死亡、Mbandzaでは3人の患者が発生し、3人とも死亡した。WHOの西部アフリカ感染対策チームや国境無き医師団などが既にMbomo地域保健局の支援を進めており、隔離施設の設置や接触者追跡などを実施しているという。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.11.18 コンゴ共和国で発生の急性出血熱症候群患者はエボラ出血熱と断定、初発報告の11人は全員死亡

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  2. 熱中症の診療はFIRE! カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:126
  3. 高Na・低Na血症で覚えておきたい計算式 カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:70
  4. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:67
  5. 「私、ゲイですが、膀胱癌といわれて……」 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:65
  6. 裏には何かある! 「合わない」情報への対処法 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:9
  7. 渡邊剛氏の大動脈弁置換術を動画でみる 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:208
  8. エカードとユニシアの併用処方は何が問題? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:42
  9. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:95
  10. ニボルマブはNSCLC第1選択薬の優位示せず NEJM誌から FBシェア数:67