2003.11.26

吸入麻酔薬のセボフルランで火災、米でドクターレター

 吸入麻酔薬のセボフルラン(わが国での商品名:セボフレン)の使用中、ごくまれに、火災や麻酔回路の異常過熱が発生することがわかった。米国での報告を受け、発売元の米国Abbott社がこのほど、麻酔科医向けのドクターレターを発出した。セボフルランは不燃性だが、炭酸ガス吸収剤と接触すると分解することが知られており、関連は不明だが事故例の大半は「乾燥した炭酸ガス吸収剤」を使用していたケースだったという。

 Abbott社によると、発火や過熱の詳細な機序は不明なものの、報告例中1例を除いては、炭酸ガス吸収剤が乾燥した状態で使用されていた。事故例の多くは麻酔器の使用初日に起こっており、米国内では炭酸ガス吸収剤として「バラライム」を使用していたケースが多かったが、欧州では「ソーダライム」使用時の事故例も報告されている。

 同社では、乾燥している恐れのある炭酸ガス吸収剤は使わない、麻酔中の新鮮ガス流量を十分に保つ(流量が不十分だと炭酸ガス吸収剤の乾燥を招く恐れがある)など、セボフルラン使用上の具体的な留意点を挙げ、注意を促している。

 この件に関する米国食品医薬品局(FDA)の安全性情報はこちら、Abbott社のドクターレターはこちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0