2003.11.26

吸入麻酔薬のセボフルランで火災、米でドクターレター

 吸入麻酔薬のセボフルラン(わが国での商品名:セボフレン)の使用中、ごくまれに、火災や麻酔回路の異常過熱が発生することがわかった。米国での報告を受け、発売元の米国Abbott社がこのほど、麻酔科医向けのドクターレターを発出した。セボフルランは不燃性だが、炭酸ガス吸収剤と接触すると分解することが知られており、関連は不明だが事故例の大半は「乾燥した炭酸ガス吸収剤」を使用していたケースだったという。

 Abbott社によると、発火や過熱の詳細な機序は不明なものの、報告例中1例を除いては、炭酸ガス吸収剤が乾燥した状態で使用されていた。事故例の多くは麻酔器の使用初日に起こっており、米国内では炭酸ガス吸収剤として「バラライム」を使用していたケースが多かったが、欧州では「ソーダライム」使用時の事故例も報告されている。

 同社では、乾燥している恐れのある炭酸ガス吸収剤は使わない、麻酔中の新鮮ガス流量を十分に保つ(流量が不十分だと炭酸ガス吸収剤の乾燥を招く恐れがある)など、セボフルラン使用上の具体的な留意点を挙げ、注意を促している。

 この件に関する米国食品医薬品局(FDA)の安全性情報はこちら、Abbott社のドクターレターはこちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449