2003.11.26

吸入麻酔薬のセボフルランで火災、米でドクターレター

 吸入麻酔薬のセボフルラン(わが国での商品名:セボフレン)の使用中、ごくまれに、火災や麻酔回路の異常過熱が発生することがわかった。米国での報告を受け、発売元の米国Abbott社がこのほど、麻酔科医向けのドクターレターを発出した。セボフルランは不燃性だが、炭酸ガス吸収剤と接触すると分解することが知られており、関連は不明だが事故例の大半は「乾燥した炭酸ガス吸収剤」を使用していたケースだったという。

 Abbott社によると、発火や過熱の詳細な機序は不明なものの、報告例中1例を除いては、炭酸ガス吸収剤が乾燥した状態で使用されていた。事故例の多くは麻酔器の使用初日に起こっており、米国内では炭酸ガス吸収剤として「バラライム」を使用していたケースが多かったが、欧州では「ソーダライム」使用時の事故例も報告されている。

 同社では、乾燥している恐れのある炭酸ガス吸収剤は使わない、麻酔中の新鮮ガス流量を十分に保つ(流量が不十分だと炭酸ガス吸収剤の乾燥を招く恐れがある)など、セボフルラン使用上の具体的な留意点を挙げ、注意を促している。

 この件に関する米国食品医薬品局(FDA)の安全性情報はこちら、Abbott社のドクターレターはこちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:77
  3. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:78
  4. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  5. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:27
  6. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:45
  7. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:33
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:103
  9. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:52
  10. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:190
医師と医学研究者におすすめの英文校正