2003.11.26

吸入麻酔薬のセボフルランで火災、米でドクターレター

 吸入麻酔薬のセボフルラン(わが国での商品名:セボフレン)の使用中、ごくまれに、火災や麻酔回路の異常過熱が発生することがわかった。米国での報告を受け、発売元の米国Abbott社がこのほど、麻酔科医向けのドクターレターを発出した。セボフルランは不燃性だが、炭酸ガス吸収剤と接触すると分解することが知られており、関連は不明だが事故例の大半は「乾燥した炭酸ガス吸収剤」を使用していたケースだったという。

 Abbott社によると、発火や過熱の詳細な機序は不明なものの、報告例中1例を除いては、炭酸ガス吸収剤が乾燥した状態で使用されていた。事故例の多くは麻酔器の使用初日に起こっており、米国内では炭酸ガス吸収剤として「バラライム」を使用していたケースが多かったが、欧州では「ソーダライム」使用時の事故例も報告されている。

 同社では、乾燥している恐れのある炭酸ガス吸収剤は使わない、麻酔中の新鮮ガス流量を十分に保つ(流量が不十分だと炭酸ガス吸収剤の乾燥を招く恐れがある)など、セボフルラン使用上の具体的な留意点を挙げ、注意を促している。

 この件に関する米国食品医薬品局(FDA)の安全性情報はこちら、Abbott社のドクターレターはこちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2