2003.11.25

米国で2002年梅毒罹患率が前年比9.1%増、2年連続増加 

 米国疾病対策センター(CDC)は11月20日、2002年の米国の梅毒罹患率が、前年に比べ9.1%増えたことを公表した。2000年に過去最低を記録して以来、2年連続して増加傾向が続いている。男性同性愛者の罹患率が増えていることが、この背景にあるようだ。

 この調査結果は、CDCが毎週発行する報告書、「Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)」の11月21号の中で公表された。第1期、第2期梅毒の患者について調べている。それによると、2001年から2002年にかけて、米国の梅毒罹患率は10万人中2.2人から2.4人へ、9.1%増加した。報告された患者数もまた、6103人から6862人へと12.4%増えている。

 男女別に見てみると、男性患者数は同期間中、4134人から5267人へと、27.4%も増えている。この調査を行った研究グループは、このうち40%超が同性愛者、または両性愛者であると推測している。一方女性の患者数は、同期間中、1967人から1594人へと、19.0%減少している。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正