2003.11.25

米国で2002年梅毒罹患率が前年比9.1%増、2年連続増加 

 米国疾病対策センター(CDC)は11月20日、2002年の米国の梅毒罹患率が、前年に比べ9.1%増えたことを公表した。2000年に過去最低を記録して以来、2年連続して増加傾向が続いている。男性同性愛者の罹患率が増えていることが、この背景にあるようだ。

 この調査結果は、CDCが毎週発行する報告書、「Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)」の11月21号の中で公表された。第1期、第2期梅毒の患者について調べている。それによると、2001年から2002年にかけて、米国の梅毒罹患率は10万人中2.2人から2.4人へ、9.1%増加した。報告された患者数もまた、6103人から6862人へと12.4%増えている。

 男女別に見てみると、男性患者数は同期間中、4134人から5267人へと、27.4%も増えている。この調査を行った研究グループは、このうち40%超が同性愛者、または両性愛者であると推測している。一方女性の患者数は、同期間中、1967人から1594人へと、19.0%減少している。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46