2003.11.25

米国で2002年梅毒罹患率が前年比9.1%増、2年連続増加 

 米国疾病対策センター(CDC)は11月20日、2002年の米国の梅毒罹患率が、前年に比べ9.1%増えたことを公表した。2000年に過去最低を記録して以来、2年連続して増加傾向が続いている。男性同性愛者の罹患率が増えていることが、この背景にあるようだ。

 この調査結果は、CDCが毎週発行する報告書、「Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)」の11月21号の中で公表された。第1期、第2期梅毒の患者について調べている。それによると、2001年から2002年にかけて、米国の梅毒罹患率は10万人中2.2人から2.4人へ、9.1%増加した。報告された患者数もまた、6103人から6862人へと12.4%増えている。

 男女別に見てみると、男性患者数は同期間中、4134人から5267人へと、27.4%も増えている。この調査を行った研究グループは、このうち40%超が同性愛者、または両性愛者であると推測している。一方女性の患者数は、同期間中、1967人から1594人へと、19.0%減少している。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:387
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:248
  4. 胃亜全摘術後に胃潰瘍と判明、執刀医が有責 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:4
  5. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:708
  6. ナース時代のすりこみ 病院珍百景 FBシェア数:2
  7. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:497
  8. 患者の本音を引き出す質問術 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:12
  9. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  10. カウンターロックを故障と勘違い プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:2