2003.11.18

10月の医療機関の倒産、負債総額100億円超える

 帝国データバンクは11月17日、2003年10月分の「全国企業倒産集計」を発表した。病院・開業医の倒産は件数こそ4件にとどまったものの、負債総額は108億4000万円と100億円の大台を超え、特に中堅規模の医療法人の倒産が目立つ結果となった。

 ここ5年間で見れば、月間の負債総額が100億円を超えたのは2000年12月(126億円)、2002年5月(208億4700万円)に次ぎ今回が3回目。しかし、先の2回はそれぞれ負債額110億円、同200億円の倒産が発生し、それらが負債総額を押し上げていた。今回は負債額100億円を超える倒産は発生しておらず、負債額10億円、20億円台の倒産が4件中2件を占めている。

 病院・開業医には分類されない老人保健施設を開設する医療法人の倒産1件(負債額17億円)も含めて考えれば、中堅規模の医療機関の行き詰まりが目立つと言えそうだ。

 今年の病院・開業医の倒産は、8月までに25件、負債総額は約58億円と、前年同月までの28件、約271億円を下回るペースで推移してきた。しかし、9月、10月で8件、負債総額約165億円の倒産が発生している。先に挙げた老健施設を開設する医療法人の倒産のほか、まだ倒産としてカウントされていないが、債権者が民事再生法を申し立てている札幌市の医療法人のケースもあり、ここへきて医療機関の倒産は増加に転じてきたと言える。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正