2003.11.18

10月の医療機関の倒産、負債総額100億円超える

 帝国データバンクは11月17日、2003年10月分の「全国企業倒産集計」を発表した。病院・開業医の倒産は件数こそ4件にとどまったものの、負債総額は108億4000万円と100億円の大台を超え、特に中堅規模の医療法人の倒産が目立つ結果となった。

 ここ5年間で見れば、月間の負債総額が100億円を超えたのは2000年12月(126億円)、2002年5月(208億4700万円)に次ぎ今回が3回目。しかし、先の2回はそれぞれ負債額110億円、同200億円の倒産が発生し、それらが負債総額を押し上げていた。今回は負債額100億円を超える倒産は発生しておらず、負債額10億円、20億円台の倒産が4件中2件を占めている。

 病院・開業医には分類されない老人保健施設を開設する医療法人の倒産1件(負債額17億円)も含めて考えれば、中堅規模の医療機関の行き詰まりが目立つと言えそうだ。

 今年の病院・開業医の倒産は、8月までに25件、負債総額は約58億円と、前年同月までの28件、約271億円を下回るペースで推移してきた。しかし、9月、10月で8件、負債総額約165億円の倒産が発生している。先に挙げた老健施設を開設する医療法人の倒産のほか、まだ倒産としてカウントされていないが、債権者が民事再生法を申し立てている札幌市の医療法人のケースもあり、ここへきて医療機関の倒産は増加に転じてきたと言える。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正