2003.11.17

大阪府がなみはやドーム救護室にAEDを設置、スポーツ大会の心停止事故に備える

 大阪府は、日本救急医療財団から寄贈を受けた自動体外式除細動器(AED)を、11月13日に大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)に配備した。同日から開催されたバレーボール女子ワールドカップをはじめ、各種スポーツ大会などの際、心停止患者の発生に対応できるようにするのが目的。配備するのは日本光電製のAED-9100で、当面は救護室に1台用意する。

 大阪府は他府県や国に先駆けて、1998年に国際ガイドラインに準拠した病院外心肺停止記録方式(ウツタイン様式)をいち早く導入するなど、早くから救急救命活動に積極的に取り組んできた。しかし、病院外で目撃者がいる(=救命しうる)状況で、心肺停止によって死亡する1000人のうち、心肺蘇生によって救命できるのは31人、約3%に過ぎない(大阪府健康福祉部医務・福祉指導室医療対策課)という。府立スポーツ施設であるなみはやドームへの配備は、こうした救命率の向上を目指し、一般市民に対するAED使用開放の一刻も早い実現を国に対して働きかけるアピールでもある。

 本件のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2