2003.11.14

【AHA2003速報】 市民が利用するAEDでは使用時の明快な説明機能が不可欠−−除細動成功率の機種比較で判明

 公共施設など、医療機関外に設置された自動体外式除細動器(AED)を訓練を受けていない一般市民が利用する場合、除細動が成功するカギは使用時の説明機能が充実しているかどうかにかかっている。一般市民の使用を想定した4機種のAEDを比較したところ、除細動成功率に44〜100%という大きな差があることがWashington大学医療センターのJeanne E. Poole氏らの研究で明らかになった。11月9日のポスターセッション「CPR: Improvements and Assessing Outcome」で発表された(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266