2003.11.14

【AHA2003速報】 市民が利用するAEDでは使用時の明快な説明機能が不可欠−−除細動成功率の機種比較で判明

 公共施設など、医療機関外に設置された自動体外式除細動器(AED)を訓練を受けていない一般市民が利用する場合、除細動が成功するカギは使用時の説明機能が充実しているかどうかにかかっている。一般市民の使用を想定した4機種のAEDを比較したところ、除細動成功率に44〜100%という大きな差があることがWashington大学医療センターのJeanne E. Poole氏らの研究で明らかになった。11月9日のポスターセッション「CPR: Improvements and Assessing Outcome」で発表された(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3