2003.11.14

伝統的地中海食を好む女性は虚血性心疾患リスクが4割減−−イタリアの大規模コホート研究で判明

 イタリア料理を好む女性に朗報だ。たっぷりの豆や野菜、魚、そしてワインといった伝統的な地中海食を好む人では、好まない人に比べて虚血性心疾患(IHD)の発症率が約46%と大幅に低い−−30歳から69歳までのイタリア人女性3万2578人を対象とした前向きコホート研究から、こんな調査結果が判明した。11月11日のポスターセッション「Preventive Cardiology: Interventions and Risk Factors」で、Napoli Federico II大学のSalvatore Panico氏が報告した。

 Panico氏らの研究は、欧州10カ国が共同参画している前向き調査研究フレームワーク「EPICスタディ(European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition)」の一部で、イタリア内の5カ所のEPICセンターの共同研究プロジェクト「EPIC ITALY Collaboration」として実施された。

 コホートはイタリア全土から、EPICセンターの北部のTorino、Varese、中部のFirenze、南部のNaporiとRagusaの5地域で1993年から1998年にかけて集められた女性3万2578人と男性1万5171人の計4万7749人で、4年間の追跡が行われた。本報告ではこのうち女性についての分析結果を取り上げている。統計解析にはデータ欠損のない3万1332人のデータが用いられた。期間中、128件の虚血性心疾患イベント(心筋梗塞、冠動脈血管再建)が発生した。

 Panico氏らは、伝統的な地中海的食生活を表すMEDINと呼ぶ指標を考案した。これは、9分類の食材摂取のパターンを表すもので、調査対象者全体の調査から明らかになった食材の摂取量の中央値と比較して多いか少ないかを1または0の2値で示す。伝統的な地中海食で豊富な食材を多く摂っていれば1、逆に伝統食では好まれない食材は多く摂っている場合を0とした。

 伝統的食材は、不飽和脂肪酸、穀物、果物、野菜、豆類、飲酒、魚類の7分類、逆に肉類と乳製品は多く摂っている場合が0となる。たとえば平均以上に野菜を食べていればMEDINスコアに1点が加わるわけだ。このようにして得られた全分野のスコアを加算した総得点(0〜9)をMEDINスコアとした。

 解析の結果、MEDINスコアが高くなるほどIHD発症は統計的有意に低下することが明らかになった。MEDINスコアは喫煙、年齢、肥満、軽症IHDイベント発症などとは独立したIHDの危険因子であることが明らかになった。MEDINスコアによって3群に分割した場合、最も伝統的地中海食を好む群は最も好まない群に対して、IHD発症は約46%少なかった。

 イタリアでも日本と同様、食生活には大きな地域差がある。南部の住民は魚、野菜と果物、パスタなど伝統的地中海食を好み、イタリア中部では肉、ワイン、オリーブオイルと脂肪の多いドレッシングをよく摂取する、北部はいわゆる「コンチネンタル」のバターと乳製品たっぷりの食生活を好む傾向があるという。Panico氏らは、この地域差についてもMEDINスコアによって解析を進めているという。

 Panico氏らが採用したこのMEDINスコアは、分析が容易であり、恐らくほとんど変更なしに日本の伝統食にも適用できるため、国内のコホート研究にも導入できそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48