2003.11.13

日経メディカル「患者アンケート報告」第1回(病院への意識)  深い「日本の医療」への不信感



 日経メディカルがインターネット上で実施した患者アンケートで、患者の病院に対する強い不信感が改めて浮き彫りになった。

 図1に見るように、「日本の医療サービスは満足できる内容ですか」の問いに、回答者149人中、「強くそう思う」は一人のみであった。「そう思う」もわずか15人で全体の10.1%。「そう思わない」(44.3%)と「強くそう思わない」(9.4%)を合わせると5割を超えた。

 「必要だと感じるが、不足している情報は」との質問への回答は、図2の通り。



 「治療法の選択」(106人)、「病院ごとの治療成績」(102人)、「患者の満足度」(93人)、「セカンドオピニオン」(78人)などについて、半分以上の人が選択した。患者が治療選択をするときに必要となる情報が、大いに不足していることが分かる。

 「病気に関する情報」は47人と比較的少なく、患者が必要性を強く感じるのは、病気そのものの知識より、実際、「どこの病院でどんな治療法を受けるか」を決めるのに役立つ情報であることが分かる。(続く)                  
(埴岡 健一、日経メディカル

まとめ】
・日本の病院に信頼を持っているのは1割のみ。
・情報不足感が強く、特に病院を選択するときの手がかりになる情報への希求感が強い。

アンケート概要】
 日経BP社が提供するWebサイト「Medwave」上で実施。日経ビジネスが発行するメールマガジン日経ビジネスExpressの読者にも、アンケート実施を周知した。10月10日から21日にかけて149人の回答を得た。各設問に対する有効回答は各設問集計に記載した通り。  

 回答者の年齢は、20〜29歳(13人)、30〜39歳(47人)、40〜49歳(47人)、50〜59歳(26人)、60〜69歳(14人)、70歳〜79歳(1人)、無回答(1人)。かかった科目は一般内科(25人)、消化器内科(15人)、循環器内科(10人)、産婦人科(9人)、整形外科(9人)などだった(ご回答くださった皆様に感謝いたします。なお、厳正なる抽選の結果、ご回答いただいた皆様の中から、抽選で20名様に図書券=3000円分=を贈呈させていただきました)。

===============================
お知らせ】新刊

===============================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正