2003.11.13

日経メディカル「患者アンケート報告」第1回(病院への意識)  深い「日本の医療」への不信感



 日経メディカルがインターネット上で実施した患者アンケートで、患者の病院に対する強い不信感が改めて浮き彫りになった。

 図1に見るように、「日本の医療サービスは満足できる内容ですか」の問いに、回答者149人中、「強くそう思う」は一人のみであった。「そう思う」もわずか15人で全体の10.1%。「そう思わない」(44.3%)と「強くそう思わない」(9.4%)を合わせると5割を超えた。

 「必要だと感じるが、不足している情報は」との質問への回答は、図2の通り。



 「治療法の選択」(106人)、「病院ごとの治療成績」(102人)、「患者の満足度」(93人)、「セカンドオピニオン」(78人)などについて、半分以上の人が選択した。患者が治療選択をするときに必要となる情報が、大いに不足していることが分かる。

 「病気に関する情報」は47人と比較的少なく、患者が必要性を強く感じるのは、病気そのものの知識より、実際、「どこの病院でどんな治療法を受けるか」を決めるのに役立つ情報であることが分かる。(続く)                  
(埴岡 健一、日経メディカル

まとめ】
・日本の病院に信頼を持っているのは1割のみ。
・情報不足感が強く、特に病院を選択するときの手がかりになる情報への希求感が強い。

アンケート概要】
 日経BP社が提供するWebサイト「Medwave」上で実施。日経ビジネスが発行するメールマガジン日経ビジネスExpressの読者にも、アンケート実施を周知した。10月10日から21日にかけて149人の回答を得た。各設問に対する有効回答は各設問集計に記載した通り。  

 回答者の年齢は、20〜29歳(13人)、30〜39歳(47人)、40〜49歳(47人)、50〜59歳(26人)、60〜69歳(14人)、70歳〜79歳(1人)、無回答(1人)。かかった科目は一般内科(25人)、消化器内科(15人)、循環器内科(10人)、産婦人科(9人)、整形外科(9人)などだった(ご回答くださった皆様に感謝いたします。なお、厳正なる抽選の結果、ご回答いただいた皆様の中から、抽選で20名様に図書券=3000円分=を贈呈させていただきました)。

===============================
お知らせ】新刊

===============================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153