2003.11.13

【AHA2003速報】 急性心筋梗塞の入院時死亡リスクは太っているほど低い!? JACCS研究で逆説的結果が判明

 急性心筋梗塞を発症して入院した症例について、発症後48時間以内の死亡率とBMIとの関連を調べたところ、BMIが高いほど死亡率が有意に低いという興味深い結果が判明した。11月11日のポスターセッション「Obesity and Cardiovascular Disease」で、熊本大学大学院医学薬学研究部循環器病態学教室の坂本知浩氏が発表した。報告は、厚生労働省班研究「Japan Acute Coronary Syndrome Study(JACCS)」の一環。JACCSは多施設後ろ向き観察研究で35医療機関が参加している。

 坂本氏らの研究グループは、2001年1月〜12月の間に急性心筋梗塞を発症して入院した患者1496人について、全症例をBMIによって374人ずつの4グループに分け、発症後48時間以内の死亡率とBMIとの関連を調べた。その結果、BMIが高いほど有意(P=0.0008%)に死亡率が低いことが判明した。BMI=<21.3では9.4%だったのに対し、BMIが21.4〜23.4では6.4%、同じく23.5〜25.5では5.1%、25.6以上では2.4%と、BMIが多いほど単調に減少していた。

 ロジスティック回帰分析によって、入院時死亡と有意な相関があったのは、心不全の重症度、年齢、BMIの3つ。いずれも多変量解析によって独立した危険因子であることが明らかになったという。BMIによって4グループに分けた患者群では、BMIが低いほど年齢が有意に高かったが、年齢で補正してもBMIが高い症例ほど死亡率が低かった。

 これらの患者群の血漿アディポネクチン濃度を調べたところ、対照群では平均10.9μg/mlだったのに対し、入院群では8.4μg/mlと有意に低かった。また、BMIとアディポネクチン濃度の間には有意な正の相関があった。血漿アディポネクチンは心血管系に対して保護的に働くことが知られており、逆説的結果の一因になっている可能性もある。

 肥満と心疾患リスクの逆説的関係を指摘した他の研究では、極端な肥満者では再びリスクが高くなるという結果を得ているものが多いが、本研究ではBMIが高いほど死亡リスクが低い単調減少になっている。これについて坂本氏は、「症例にあまり極端な肥満者がいないためではないか」としていた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27