2003.11.13

【AHA2003速報】 急性心筋梗塞の入院時死亡リスクは太っているほど低い!? JACCS研究で逆説的結果が判明

 急性心筋梗塞を発症して入院した症例について、発症後48時間以内の死亡率とBMIとの関連を調べたところ、BMIが高いほど死亡率が有意に低いという興味深い結果が判明した。11月11日のポスターセッション「Obesity and Cardiovascular Disease」で、熊本大学大学院医学薬学研究部循環器病態学教室の坂本知浩氏が発表した。報告は、厚生労働省班研究「Japan Acute Coronary Syndrome Study(JACCS)」の一環。JACCSは多施設後ろ向き観察研究で35医療機関が参加している。

 坂本氏らの研究グループは、2001年1月〜12月の間に急性心筋梗塞を発症して入院した患者1496人について、全症例をBMIによって374人ずつの4グループに分け、発症後48時間以内の死亡率とBMIとの関連を調べた。その結果、BMIが高いほど有意(P=0.0008%)に死亡率が低いことが判明した。BMI=<21.3では9.4%だったのに対し、BMIが21.4〜23.4では6.4%、同じく23.5〜25.5では5.1%、25.6以上では2.4%と、BMIが多いほど単調に減少していた。

 ロジスティック回帰分析によって、入院時死亡と有意な相関があったのは、心不全の重症度、年齢、BMIの3つ。いずれも多変量解析によって独立した危険因子であることが明らかになったという。BMIによって4グループに分けた患者群では、BMIが低いほど年齢が有意に高かったが、年齢で補正してもBMIが高い症例ほど死亡率が低かった。

 これらの患者群の血漿アディポネクチン濃度を調べたところ、対照群では平均10.9μg/mlだったのに対し、入院群では8.4μg/mlと有意に低かった。また、BMIとアディポネクチン濃度の間には有意な正の相関があった。血漿アディポネクチンは心血管系に対して保護的に働くことが知られており、逆説的結果の一因になっている可能性もある。

 肥満と心疾患リスクの逆説的関係を指摘した他の研究では、極端な肥満者では再びリスクが高くなるという結果を得ているものが多いが、本研究ではBMIが高いほど死亡リスクが低い単調減少になっている。これについて坂本氏は、「症例にあまり極端な肥満者がいないためではないか」としていた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130