2003.11.13

【AHA2003速報】 循環器疾患と闘うため、今こそ人口全体の予防に目を向けるべき時だ−−会長講演

 「これまで我々は、持てる知識を分かりやすく伝えて普及を図り、活用する努力を怠ってきた。今こそ人口全体における予防への取り組みに踏み切るべき時だ」。学会長(president)のAugustus O. Grant氏は11月9日に行われた学会長講演でこう強調した。

 臨床医としての知識と能力を公衆衛生学的アプローチに振り向けるべきだとするGrant氏の発言は、ここにきて循環器疾患による死亡率の低下にブレーキがかかり始めたことに対する危機感の表われが基になっている。1970年以降、虚血性心疾患による死亡率は半減し、脳梗塞はさらに20年前の1950年代から減少し続けてきた。しかし、「この10年、冠動脈疾患による死亡率の低下が遅くなっており、脳梗塞による死亡率のグラフも下げ止まってしまった」(Grant氏)。

 こうした状況の悪化を今後さらに加速する要因としてGrant氏は高齢化と肥満の進展を指摘した。米国でも今後、ベビーブーマー世代がリタイアの時期を迎え、2030年には5人に一人が65歳以上の高齢社会に突入する。「何もしなければ虚血性心疾患による死亡率は2.5倍になる」。「ただし、これは現時点の状況が全く変わらないとした場合の話で、1976〜1980年に比べ、BMIが30以上の比率は倍増しており、肥満者と過体重者を合わせると6割を超える」という。

 循環器治療の進展はめざましく、埋め込み型除細動器などの最新技術が数多く登場しているが、医療費の高騰は限界にきており、コスト抑制は不可欠だと指摘する。こうした点からも、臨床医も含めた総力で予防活動に力を注がない限り、循環器疾患の蔓延をくい止めることができそうもないというのがGrant氏の指摘だ。

 「これまでの(臨床医療に関する)進歩を捨て去る必要はない。しかし、我々が予防活動と医療の質向上に大胆に取り組み、循環器疾患の世界的な拡大に挑むことは、社会にとって大きな利益になる」と強調した。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  2. 慢性便秘症の治療薬、使い分けのポイントは? トレンド◎国内初の慢性便秘症診療ガイドラインが登場 FBシェア数:18
  3. 同時改定で狙い撃ちされる「高齢者住宅併設型」 記者の眼 FBシェア数:33
  4. 変な紅斑に潜む「危ない紅斑」の見分け方 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:4
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:174
  6. インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:300
  7. 29年後に肺内転移した癌 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:29
  8. 腰椎穿刺ではベッドと脊椎の平行をキープ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:0
  9. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:505
  10. 他人がウマイ儲け話を教えてくれるはずがない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:37