2003.11.12

慢性心不全患者の入院は死亡リスクを2〜3倍に高める

 心不全は予後不良の疾患であり、死亡率が高いだけでなく症状増悪にともなう再入院も高頻度にみられる。このため、通常、心不全治療試験では観察期間中の入院も評価項目に加えられるが、入院後の死亡リスクを検討した成績は少ない。Val-HeFT(Valsartan Heart Failure Trial)は慢性心不全患者を対象にアンジオテンシン2拮抗薬の有用性を示した大規模臨床試験だが、米国Case Western Reserve大のI Pina氏は11月9日、その観察データを再解析し、入院の死亡リスクに及ぼす影響を検討した成績を報告した。

 Val-HeFTの対象患者5010例のうち、約2年間の観察期間に入院を1回以上経験したものは50.1%、心不全による入院例は32.4%だった。対象患者を心不全増悪により入院したもの(心不全入院群)、心不全以外の原因で入院したもの(非心不全入院群)、1度も入院しなかったもの(非入院群)の3群に分けて臨床的背景因子を比較したところ、心不全入院群は他の2群に比べ、以下の特徴が認められた。すなわち、心不全入院群はより高齢(65歳以上)であり、心不全重症度が高く、虚血性心不全の頻度が低かった。また、基礎治療薬として利尿薬とジゴキシンの使用頻度が高く、β遮断薬の使用頻度が低かった。非心不全入院群は非入院群に比べ、やはり65歳以上の症例が多く、心不全もより重症だった。

 心不全入院群の死亡率は非入院群の3.3倍、非心不全入院群の1.6倍と有意に高かった(いずれもp<0001)。また非心不全入院群の死亡率も非入院群に比べ有意に高く相対リスクは2.0であった(p<0001)。

 Pina氏はこの結果にもとづき、慢性心不全患者ではいかなる原因であれ入院が死亡リスクを高めること、特に心不全増悪にともなう入院の影響の大きいことが明らかになったと述べ、入院が深刻な予後増悪因子であることを強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:409
  2. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に FBシェア数:284
  3. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:103
  5. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:472
  6. ディオバン事件告発の「成果」──結審を迎えて 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:40
  7. ヒトの健康と腸内細菌叢に関する最新情報 NEJM誌から FBシェア数:229
  8. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:65
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  10. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:82