2003.11.12

慢性心不全患者の入院は死亡リスクを2〜3倍に高める

 心不全は予後不良の疾患であり、死亡率が高いだけでなく症状増悪にともなう再入院も高頻度にみられる。このため、通常、心不全治療試験では観察期間中の入院も評価項目に加えられるが、入院後の死亡リスクを検討した成績は少ない。Val-HeFT(Valsartan Heart Failure Trial)は慢性心不全患者を対象にアンジオテンシン2拮抗薬の有用性を示した大規模臨床試験だが、米国Case Western Reserve大のI Pina氏は11月9日、その観察データを再解析し、入院の死亡リスクに及ぼす影響を検討した成績を報告した。

 Val-HeFTの対象患者5010例のうち、約2年間の観察期間に入院を1回以上経験したものは50.1%、心不全による入院例は32.4%だった。対象患者を心不全増悪により入院したもの(心不全入院群)、心不全以外の原因で入院したもの(非心不全入院群)、1度も入院しなかったもの(非入院群)の3群に分けて臨床的背景因子を比較したところ、心不全入院群は他の2群に比べ、以下の特徴が認められた。すなわち、心不全入院群はより高齢(65歳以上)であり、心不全重症度が高く、虚血性心不全の頻度が低かった。また、基礎治療薬として利尿薬とジゴキシンの使用頻度が高く、β遮断薬の使用頻度が低かった。非心不全入院群は非入院群に比べ、やはり65歳以上の症例が多く、心不全もより重症だった。

 心不全入院群の死亡率は非入院群の3.3倍、非心不全入院群の1.6倍と有意に高かった(いずれもp<0001)。また非心不全入院群の死亡率も非入院群に比べ有意に高く相対リスクは2.0であった(p<0001)。

 Pina氏はこの結果にもとづき、慢性心不全患者ではいかなる原因であれ入院が死亡リスクを高めること、特に心不全増悪にともなう入院の影響の大きいことが明らかになったと述べ、入院が深刻な予後増悪因子であることを強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
  3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
  5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
  6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
  7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
  9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
  10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
医師と医学研究者におすすめの英文校正