2003.11.12

慢性心不全患者の入院は死亡リスクを2〜3倍に高める

 心不全は予後不良の疾患であり、死亡率が高いだけでなく症状増悪にともなう再入院も高頻度にみられる。このため、通常、心不全治療試験では観察期間中の入院も評価項目に加えられるが、入院後の死亡リスクを検討した成績は少ない。Val-HeFT(Valsartan Heart Failure Trial)は慢性心不全患者を対象にアンジオテンシン2拮抗薬の有用性を示した大規模臨床試験だが、米国Case Western Reserve大のI Pina氏は11月9日、その観察データを再解析し、入院の死亡リスクに及ぼす影響を検討した成績を報告した。

 Val-HeFTの対象患者5010例のうち、約2年間の観察期間に入院を1回以上経験したものは50.1%、心不全による入院例は32.4%だった。対象患者を心不全増悪により入院したもの(心不全入院群)、心不全以外の原因で入院したもの(非心不全入院群)、1度も入院しなかったもの(非入院群)の3群に分けて臨床的背景因子を比較したところ、心不全入院群は他の2群に比べ、以下の特徴が認められた。すなわち、心不全入院群はより高齢(65歳以上)であり、心不全重症度が高く、虚血性心不全の頻度が低かった。また、基礎治療薬として利尿薬とジゴキシンの使用頻度が高く、β遮断薬の使用頻度が低かった。非心不全入院群は非入院群に比べ、やはり65歳以上の症例が多く、心不全もより重症だった。

 心不全入院群の死亡率は非入院群の3.3倍、非心不全入院群の1.6倍と有意に高かった(いずれもp<0001)。また非心不全入院群の死亡率も非入院群に比べ有意に高く相対リスクは2.0であった(p<0001)。

 Pina氏はこの結果にもとづき、慢性心不全患者ではいかなる原因であれ入院が死亡リスクを高めること、特に心不全増悪にともなう入院の影響の大きいことが明らかになったと述べ、入院が深刻な予後増悪因子であることを強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正