2003.11.11

【AHA2003速報】 バイタルを常時ワイヤレスでチェックできる超小型センサーユニットがお目見え

 チューインガム大の超小型ユニットを装着しておくだけで、SpO2や心拍などのバイタルサインを常時送信、ナースステーションなどでモニターできる新世代の遠隔監視システムが登場した。近い将来、センサー以外の機能は5mm角の半導体チップ1個に収まるという。病院や高齢者施設で入院・入所者の異常を即座に発見し、速やかな対処をとるには最適のシステムだ。米Harvard大学のSteve Moulton氏らが、11月8日に開催された蘇生医学シンポジウムのポスターセッションで報告した(詳細はこちらへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182