2003.11.11

【AHA2003速報】 バイタルを常時ワイヤレスでチェックできる超小型センサーユニットがお目見え

 チューインガム大の超小型ユニットを装着しておくだけで、SpO2や心拍などのバイタルサインを常時送信、ナースステーションなどでモニターできる新世代の遠隔監視システムが登場した。近い将来、センサー以外の機能は5mm角の半導体チップ1個に収まるという。病院や高齢者施設で入院・入所者の異常を即座に発見し、速やかな対処をとるには最適のシステムだ。米Harvard大学のSteve Moulton氏らが、11月8日に開催された蘇生医学シンポジウムのポスターセッションで報告した(詳細はこちらへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:30
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:8
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:150
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:35
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:89
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:67
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:8
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正