2003.11.11

【AHA2003速報】 蘇生率向上に威力を発揮、皮膚表面に冷水を流して体温を下げるサーモスーツ登場

 心肺停止時などに体温を下げると、脳障害などの発生を抑えることができ、蘇生率が向上することが知られている。緊急に体温を低下させたい時、冷却したリンゲル液の経静脈投与などの侵襲的な手段をとらず、皮膚を覆って表面に冷却水を流すことで素早く体温低下を実現する「サーモスーツ」の開発が米国で進められている。現在は動物実験の段階だが、実用化すれば、救急車への搭載も可能という。米Life Recovery Systems社社長のRobert Freedman氏が11月10日のポスターセッション「Experimental Studies in Resuscitation and Critical Care」で発表した(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25