2003.11.11

【AHA2003速報】 蘇生率向上に威力を発揮、皮膚表面に冷水を流して体温を下げるサーモスーツ登場

 心肺停止時などに体温を下げると、脳障害などの発生を抑えることができ、蘇生率が向上することが知られている。緊急に体温を低下させたい時、冷却したリンゲル液の経静脈投与などの侵襲的な手段をとらず、皮膚を覆って表面に冷却水を流すことで素早く体温低下を実現する「サーモスーツ」の開発が米国で進められている。現在は動物実験の段階だが、実用化すれば、救急車への搭載も可能という。米Life Recovery Systems社社長のRobert Freedman氏が11月10日のポスターセッション「Experimental Studies in Resuscitation and Critical Care」で発表した(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正