2003.11.10

【AHA2003速報】 2相式と単相式で除細動の成績に有意差なし、日本国内初の比較研究結果まとまる 

 厚生労働省は2004年にも非医師による除細動を認可する条件の一つとして、より安全性が高いとされる2相式除細動器の使用を想定していると見られる。国内では、2相式除細動器がようやく認可され、普及が始まったばかりだが、このほど国内6カ所の救急救命センターにおける多施設研究の結果、単相式と2相式の装置による除細動の救命成績の比較研究がまとまった。研究結果は11月8日に開催された蘇生医学シンポジウムのポスターセッションで、帝京大学医学部附属病院救命救急センター教授の坂本哲也氏が報告した。

 坂本氏らの研究グループは、病院外で心停止が発生した事例で、国内6カ所の救命センターに搬送された598例のうち、救命センター内で除細動を実施し得た99例を分析対象とした。99例のうち48例は単相式、51例は2相式の装置で除細動を実施した。介入試験は、単相式が2002年9月1日から同年10月31日、2相式は2002年11月1日から同年12月31日にかけて行われた。単相式除細動器は200〜360ジュール、2相式除細動器は150Jのエネルギー量で除細動を実施した。単相式と2相式で、患者の年齢や性別などのプロフィールには有意差は見られなかった。

 介入の結果、自発的な血行を再開した比率は単相式が54.2%、2相式では66.7%、24時間以上生存した比率は単相式が6.3%、2相式が13.7%、7日間以上生存した比率は、単相式が2.1%、2相式が7.8%で、いずれも有意差はなかった。症例の中で、目撃者があり、心室細動が発生していた25例についても同様の比較をしているが、こちらも有意差は見られなかった。

 2相式の除細動は、日本人においても単相式と遜色ないことが初めて明らかになった。傾向としては単相式に比べて良好と見られるだけに、非医師への除細動器の使用開放を間近に控えている現在、日本国内におけるより大規模な調査研究の実施が望まれる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65