2003.11.10

【AHA2003速報】 AHAが第76回年次集会をオーランドで開幕

 米国心臓協会(AHA)は11月9日、第76回年次集会を、米国Florida州OrlandoのOrange County Convention Centerで開幕した。今期集会の会長は、米国Duke大学教授のAugustus O. Grant氏。会期は12日までの4日間で、事前登録の参加者数は既に1万4000人を超えており、最終日までに昨年実績の3万人を上回る見込みだ。

 プログラム編成は例年通り、最新の臨床試験結果が発表される「Late Breaking Clinical Trials」セッションなどを含む「プレナリー(必須)セッション」と、心疾患診療に欠かせない最新情報を領域別に幅広く提示する「スペシャル(特別)セッション」を2本柱に、日曜午前中には領域別レビューを行う「サンデーモーニングセッション」を配した構成。毎日昼には実践的な教育セミナーとして「アスク・ジ・エキスパート」「ハウツー」セッションが開催、日曜と月曜の夜には心血管セミナーが開かれる。

 一般演題は3557題が採択。「基礎」「臨床」「疫学」の3領域に分けて、口演およびポスター発表される。採択演題の約半数は臨床領域、4割が基礎領域で残りが疫学領域になっている。

 ここ数年AHAが力を入れている、インターネットを通した発表内容の放映(ウェブキャスト)は、11月10日からスタート。今年から日曜日も加わり計4セッションとなった「Late Breaking Clinical Trials」の全セッションを含む主要なセッションが、発表から半日〜1日遅れで閲覧できる。さらに、今期集会の総まとめとなる「Best of Sessions 2003」は、学会終了翌日の11月13日と11月19日、12月3日にオンライン放映される。

 次回の年次集会「AHA2004」は、11月7〜10の4日間、Louisiana州New Orleansで開催される予定。今期集会の詳細は、AHAホームページの「Scientific Sessions 2003」まで。同サイトでは学会プログラムや抄録が検索・閲覧できるほか、注目発表をまとめた新聞(Sessions Daily Newspaper)やニュースリリースを読むことができる。プレナリーセッションなどのインターネット放映「Presentation Webcasts」はこちらまで。AHA2003のハイライト放映「Best of Sessions 2003」は、上記「Scientific Sessions 2003」からアクセスできる。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176