2003.10.31

【日本高血圧学会速報】 朝・夜の血圧比が高齢者の「要介護」推定に有用、前向き追跡研究が示唆

 75歳以上の後期高齢者461人を9年間追跡した地域コホート研究で、収縮期血圧(SBP)が高く、特に起床後の測定値が就寝前の1.1倍を上回る「朝昇圧タイプ」の人では、追跡期間中に要介護状態になる確率が高いことがわかった。一方、総死亡や心血管死亡と血圧とには関連が認められなかったという。後期高齢者では血圧コントロールが「疾患の予防・生命予後の改善」にはあまり効果がないが、「日常生活機能の維持」に有効であることを示唆するもので、高齢者対象の臨床研究の評価項目を考える上でも重視すべきデータとなりそうだ。研究結果は、10月30日の高得点演題セッションで、高知医科大学老年病科の西永正典氏らが報告した(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1