2003.10.31

【日本高血圧学会速報】 朝・夜の血圧比が高齢者の「要介護」推定に有用、前向き追跡研究が示唆

 75歳以上の後期高齢者461人を9年間追跡した地域コホート研究で、収縮期血圧(SBP)が高く、特に起床後の測定値が就寝前の1.1倍を上回る「朝昇圧タイプ」の人では、追跡期間中に要介護状態になる確率が高いことがわかった。一方、総死亡や心血管死亡と血圧とには関連が認められなかったという。後期高齢者では血圧コントロールが「疾患の予防・生命予後の改善」にはあまり効果がないが、「日常生活機能の維持」に有効であることを示唆するもので、高齢者対象の臨床研究の評価項目を考える上でも重視すべきデータとなりそうだ。研究結果は、10月30日の高得点演題セッションで、高知医科大学老年病科の西永正典氏らが報告した(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正