2003.10.27

NIHが高齢者向け健康・医療サイト、音声ガイドなど使い易さに工夫

 米国立衛生研究所(NIH)は10月23日、高齢者向けの健康・医療情報を提供するウェブサイト、「NIHSeniorHealth.gov」 (http://www.nihseniorhealth.gov)の公開を始めた。内容は音声でも聞くことができ、また文字の大きさを拡大したり、画面の濃淡の調節も可能など、高齢者が使い易い工夫がなされている点が特徴。同サイトは、NIHの下部組織である、National Institute on Aging (NIA)とNational Library of Medicine (NLM)が共同で開発した。

 NIHSeniorHealth.govでは、アルツハイマー病や関節炎、聴力低下、前立腺癌など、特に高齢者に関連の深いトピックスについて情報を提供している。各トピックスでは、その定義、原因とリスク要因、症状と診断、治療と研究、よくある質問とその答などといった項目に分けて内容を解説している。

 また、異なるトピックスについても、画面のレイアウトをできるだけ統一することで、利用者の混乱を避ける配慮をしているという。

 音声ガイドを使用した場合には、サイト上の見出しの上にカーソルを移動すると、その項目名を、また項目をクリックするとその内容を読み上げるので、視力が低下した高齢者でも利用することができる。

 NIAとNLMではNIHSeniorHealth.govを、高齢者に使い易いウェブサイトの雛型にしたいとし、高齢者向けサイト作成の際のポイントを盛り込んだパンフレット、「Making Your Web Site Senior Friendly: A Checklist」も作った。

 詳しくは、NIHによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正