2003.10.27

NIHが高齢者向け健康・医療サイト、音声ガイドなど使い易さに工夫

 米国立衛生研究所(NIH)は10月23日、高齢者向けの健康・医療情報を提供するウェブサイト、「NIHSeniorHealth.gov」 (http://www.nihseniorhealth.gov)の公開を始めた。内容は音声でも聞くことができ、また文字の大きさを拡大したり、画面の濃淡の調節も可能など、高齢者が使い易い工夫がなされている点が特徴。同サイトは、NIHの下部組織である、National Institute on Aging (NIA)とNational Library of Medicine (NLM)が共同で開発した。

 NIHSeniorHealth.govでは、アルツハイマー病や関節炎、聴力低下、前立腺癌など、特に高齢者に関連の深いトピックスについて情報を提供している。各トピックスでは、その定義、原因とリスク要因、症状と診断、治療と研究、よくある質問とその答などといった項目に分けて内容を解説している。

 また、異なるトピックスについても、画面のレイアウトをできるだけ統一することで、利用者の混乱を避ける配慮をしているという。

 音声ガイドを使用した場合には、サイト上の見出しの上にカーソルを移動すると、その項目名を、また項目をクリックするとその内容を読み上げるので、視力が低下した高齢者でも利用することができる。

 NIAとNLMではNIHSeniorHealth.govを、高齢者に使い易いウェブサイトの雛型にしたいとし、高齢者向けサイト作成の際のポイントを盛り込んだパンフレット、「Making Your Web Site Senior Friendly: A Checklist」も作った。

 詳しくは、NIHによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94