2003.10.27

NIHが高齢者向け健康・医療サイト、音声ガイドなど使い易さに工夫

 米国立衛生研究所(NIH)は10月23日、高齢者向けの健康・医療情報を提供するウェブサイト、「NIHSeniorHealth.gov」 (http://www.nihseniorhealth.gov)の公開を始めた。内容は音声でも聞くことができ、また文字の大きさを拡大したり、画面の濃淡の調節も可能など、高齢者が使い易い工夫がなされている点が特徴。同サイトは、NIHの下部組織である、National Institute on Aging (NIA)とNational Library of Medicine (NLM)が共同で開発した。

 NIHSeniorHealth.govでは、アルツハイマー病や関節炎、聴力低下、前立腺癌など、特に高齢者に関連の深いトピックスについて情報を提供している。各トピックスでは、その定義、原因とリスク要因、症状と診断、治療と研究、よくある質問とその答などといった項目に分けて内容を解説している。

 また、異なるトピックスについても、画面のレイアウトをできるだけ統一することで、利用者の混乱を避ける配慮をしているという。

 音声ガイドを使用した場合には、サイト上の見出しの上にカーソルを移動すると、その項目名を、また項目をクリックするとその内容を読み上げるので、視力が低下した高齢者でも利用することができる。

 NIAとNLMではNIHSeniorHealth.govを、高齢者に使い易いウェブサイトの雛型にしたいとし、高齢者向けサイト作成の際のポイントを盛り込んだパンフレット、「Making Your Web Site Senior Friendly: A Checklist」も作った。

 詳しくは、NIHによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44