2003.10.21

【再掲】心肺蘇生とAEDに関する短期集中講座、第3回は「AEDを用いた除細動の教育」

 厚生労働省が一般の人に自動体外式除細動器(AED)の使用を認める方針を打ち出したことで、今後、AEDを装備した救急車が増えるほか、空港や駅、スポーツ施設などにも順次、AEDが設置されていくことになりそうです。救急医療には日頃縁の遠い医師やその他の医療職の方々にとっても、AEDを使用した心肺蘇生の機会が増えていくと考えられます。

 MedWaveでは、9月9日の救急の日を機に、AEDの概要と心肺蘇生の最新動向について、帝京大学医学部附属病院救命救急センター教授の坂本哲也氏(写真)の執筆で、短期集中講座を開設しました。坂本氏は、米国心臓協会(AHA)などが提唱した心肺蘇生に関する最新のガイドラインである国際ガイドライン2000を基にした救命処置の教育プログラムの普及に取り組んでおり、その概要についても紹介する予定です。最終回となる第3回は「AEDを用いた除細動の教育」です。(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051